クレンジングと洗顔は別にするべき?ダブル洗顔不要タイプとの比較

クレンジングと洗顔は別にするべき?ダブル洗顔不要タイプとの比較

クレンジングと洗顔を別々に行うダブル洗顔(W洗顔)。でも、最近はダブル洗顔不要タイプのクレンジング剤も増えてきていますよね。

ダブル洗顔って正直面倒だし、2度洗うことでの肌負担も気になるし、不要タイプの製品はたしかに魅力的。コストも肌への刺激も手間も節約でき、人気上昇中です。

でも、ダブル洗顔にはそれ相応のメリットもあります。どちらが良いかの答えは、メイクの状態、肌質、求める効果、お手入れへの考え方などによっても変わるので、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

この記事では、それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較しています。クレンジング選びと美肌づくりの参考になれば幸いです。


ダブル洗顔(W洗顔)とは?

ダブル洗顔は、クレンジング(メイク落とし)と洗顔を別々のアイテムで分けて行うこと。

最初にクレンジング剤でメイクなど頑固な油性の汚れを落とし、その後洗顔料を使って肌表面の仕上げ洗顔を行う。それがダブル洗顔の基本です。

『2度洗い』という表現もありますが、それは特別汚れがひどいとき、クレンジングや洗顔の同じ過程を2度くり返すこと。これはダブル洗顔とは意味が異なります。

ダブル洗顔不要とは?

ダブル洗顔不要とは?

ダブル洗顔不要とは、クレンジングと洗顔を1つのアイテムで済ませること。

そのためには、ダブル洗顔不要タイプの製品を使います。

クレンジングと洗顔は、同じ肌洗浄でも目的としている汚れが違い、クレンジング剤と洗顔料では性質が異なります。クレンジング剤は油性の汚れをしっかり落とせる分だけ水で完全に洗い流しにくく、肌の表面に残留することが。それを綺麗に洗い流すための仕上げ洗顔は、本来必要のはず。

けれど、不要タイプの製品は、クレンジングと洗顔が同時に行えるような処方になっているため、1回でまとめ洗いができるのです。

夜のスキンケアの第一歩は、肌に不要なものをしっかり落とし、素肌の状態にリセットすること。美肌づくりのために、クレンジングと洗顔は欠かせません。

ダブル洗顔するにしても、不要タイプでまとめ洗いをするにしても、自分のメイクや日常の汚れはきちんと落とせる製品を選ぶことが大切です。

クレンジングと洗顔の違い

クレンジングと洗顔の違い

ダブル洗顔と不要タイプそれぞれの特徴を知るために、クレンジングと洗顔の目的の違いを少し詳しくご紹介します。2つの目的の違いを簡単にまとめるとこのようになります。

  • クレンジング:肌と密着したメイク・頑固な角栓や詰まりを浮かせて落とす
  • 洗顔:肌表面の皮脂汚れ・垢(古い角質)・ほこり・クレンジング剤の残留などの日常汚れを洗い流す

クレンジングとは

クレンジングは、基本的にはメイクを落とすのが目的です。『クレンジング』の意味自体は『洗浄』ですが、日本では主にメイク落としのことを指しています。

最近はメイクに加え、頑固な角栓汚れや皮脂の混じった毛穴詰まりを落とす目的も含まれていたりします。とにかく頑固な油性汚れを落とすには、洗顔よりもクレンジングが効果的。

基本クレンジングはメイクをしたときのみ行いますが、頑固な角栓や毛穴の皮脂詰まりなどが気になるときのケアとして、すっぴんのときにクレンジング剤を使う方法もあります。

クレンジングのイメージとしては「汚れを洗い流す」より、「肌にへばり付いた頑固な油性の汚れを浮かせて落とす」って感じですね。

スキンケアの過程の中でもっとも重要なのがクレンジングとも言われますが、メイクは人間の肌に本来存在している物質ではないため、肌の自浄作用だけではどうすることもできないからです。

就寝中にメイクやメイクと混じった皮脂が残ったままだと肌本来の回復を妨げてしまいますし、残った油分が酸化し肌に刺激を与えるリスクが高まります。

1日の終わりに化粧水や美容液を使う前に、肌に合ったクレンジングでしっかりと素肌の状態にリセットしてあげたいですね。

クレンジングの正しいやり方はこちらの記事を参考にしてください。

洗顔とは

クレンジングが「肌にへばり付いた頑固な油性の汚れを浮かせて落とす」のに対し、洗顔は「肌表面の日常汚れを洗い流す」ことが主な目的です。

洗顔では、ノーメイクでも出てくる皮脂汚れ、毎日たまる垢(古い角質)、肌についたほこりや花粉などを落とします。また、クレンジング剤がダブル洗顔必要タイプの場合は肌にクレンジング剤が残留しますので、それを洗い流す目的もあります。

洗顔料を使わない水洗いでは、酸化皮脂や皮脂が混じった汚れ、クレンジング剤の残留などは落とすことができません。また、ダブル洗顔必要タイプのクレンジング剤だけでは、肌表面にクレンジング剤やほこりなどが残留しやすくなります。

クレンジング剤と洗顔料の違い

クレンジング剤と洗顔料の違い

クレンジング剤は、メイクやこびりついた頑固な油性汚れをしっかりと浮かせる働きが必要です。油性汚れを浮かせられるのは同じ油ということで、洗浄成分としてしてはオイル分や、油性の汚れを水になじませるための油性寄りの界面活性剤(乳化剤、洗浄成分)が使われています。

一方洗顔ではクレンジングより落とす汚れが軽いので、主な成分は皮脂を水になじませる性質の高い石ケン素地か、石ケンと似たような働きを持つ水性寄りの界面活性剤になります。

クレンジング剤のように「密着した油性汚れを浮かし出す」ほどの力は持たず、「肌表面の日常汚れを水でサッパリ洗い流す」ということが重視されています。

洗顔料には肌表面の古い角質を落としやすくする目的で、AHA(グリコール酸、フルーツ酸など)や酵素が配合されている場合もあります。それらは角質の主成分のタンパク質を分解する働きがあり、硬く落としづらくなった古い角質によるゴワつきやザラつきに有効です。

基本はクレンジング剤の方が洗顔料より洗浄力が高いですが、肌表面の汚れを水でサッパリと洗い流す働きは、クレンジング剤より洗顔料の方が優れます。

今人気のダブル洗顔不要のクレンジングとは?

ダブル洗顔不要タイプの特徴

上でご紹介した通り、クレンジングと洗顔はターゲットとしている汚れが違い、クレンジング剤と洗顔料では中心になっている洗浄成分が異なります。ですので本来は、クレンジングと洗顔は専用のアイテムで別々に行うのが基本です。

クレンジング剤の洗浄成分は、油性の汚れに強い分だけ水で洗い流しにくく、それを補助するために界面活性剤が配合されていることが多いものの、ある程度はクレンジング剤が肌の表面に残留してしまいます。

それを綺麗に落とすためには基本仕上げ洗顔が必要で、クレンジング剤に『ダブル洗顔不要』と書かれていない限りは、ダブル洗顔が前提になっています。

けれど、不要タイプのクレンジング剤は、クレンジング成分と洗顔成分が混合され、メイクを絡めたクレンジング剤がスッキリ水で流せるように考えられています。そのため、2つを同時に済ますことができるのです。

不要タイプのクレンジング剤は、『オールインワン洗浄剤』という感じですね。洗浄力は製品によって異なります。オイル、バーム、ジェル、リキッド、ミルクなど色々なテクスチャーがあります。

反対に『メイクも落とせる洗顔料』というのもありますが発想は同じで、そちらは洗顔料の成分をベースに、メイク汚れにも対応できる油性寄りの界面活性剤がプラスされています。

ただ、基本は洗顔目的重視ということで、落とせるメイクはかなり軽めの範囲になると思われます。

口コミサイトで1位獲得!ダブル洗顔不要の毛穴ケア:D.U.O.クレンジングバーム

ダブル洗顔が必要なクレンジングのメリット・デメリット

ダブル洗顔が必要なクレンジングのメリット・デメリット

ダブル洗顔が必要なクレンジングのメリット

  • 汚れや目的に応じた効果的な洗浄が行いやすい
  • 肌に不要なものが残りにくい
  • 選び方次第ではかえって肌の負担が減らせることもある

ダブル洗顔を前提としたタイプのクレンジング剤では、目的別のクレンジングに特化した製品をつくりやすいメリットがあります。

不要タイプの方は1本に色んな機能を持たせるため、選ぶ洗浄成分や配合のバランスに制限があり、肌質やメイクの状態に合わせたきめ細やかな対応が少し難しい面もあるかと思います。

クレンジング剤と洗顔料を分けることで幅広い汚れに対応しやすく、よりクリアな素肌に近づけるメリットがあります。

ダブル洗顔必要タイプと不要タイプの関係は、化粧水・乳液などを分けたラインスキンケアと、オールインワンでのスキンケアの関係に近いかもしれないですね。

また、ダブル洗顔を前提とした製品の方が、「乾燥肌向け」「脂性肌向け」「しっかりメイク向け」「ナチュラル派向け」「エイジングケア向け」などの特色がはっきりしているものが多く、選択の幅が広いように感じます。

「ダブル洗顔=不要タイプより肌負担が大きい」のイメージがありますが、これも、製品によりけりという感じがします。

例えば、薄化粧で乾燥肌の人は、幅広い肌質に合わせたダブル洗顔不要タイプより、乾燥肌向けのマイルドなクレンジング剤とマイルドな洗顔料のダブル洗顔の方が、かえって肌の負担が軽くなることもあります。

反対に、皮脂が多くて濃いメイクの人は、サッと落とせる力の高いクレンジング剤と表面をサッパリさせる仕上げ洗顔で、不要タイプよりクリアな素肌にしやすいことも。

それに、肌表面に付いたほこりや花粉などの汚れは、クレンジングより泡洗顔の方がしっかりと落とせます。普段は不要タイプの製品を使っている人も、たまにはダブル洗顔を取り入れてみるのはいいかもしれません。

ただ、とくに皮脂の少ない人は、できるだけマイルドで保湿性を高めた製品を選ぶなどの注意が必要と思います。

ダブル洗顔が必要なクレンジングのデメリット

ダブル洗顔が必要なクレンジングのデメリット

一方、ダブル洗顔のデメリットは以下のようなものがあります。

  • 組み合わせ次第で肌負担が大きくなりやすい
  • 洗い過ぎのリスクが高い
  • 手間やコストがかかる

最近はクレンジング剤と洗顔料の両方が多機能化し、昔のように単純な「メイク落とし=クレンジング剤」「クレンジング剤の残留と日常汚れ=洗顔料」という住み分けでは無くなってしまいました。

そのため、組み合わせ次第では似たような機能がダブルになってしまい、洗い過ぎや過度の刺激で肌にかなりの負担を与えてしまうリスクもあると思います。

とくに、刺激に弱い敏感肌の方や皮脂の少ない乾燥肌の方がダブル洗顔を行うときは、クレンジング剤と洗顔料の組み合わせに注意が必要と思われます。

洗顔後に肌の突っ張りがひどい、皮膚の表面がむけたようになっている、マイルドなクレンジング剤や洗顔料を使ってもすぐに刺激を感じるなどの人は、不要タイプを試してみるといいかもしれません。

また、ダブル洗顔による手間が面倒で1つ1つの過程が雑になってしまうなら、不要タイプの方が肌に優しそうです。

ダブル洗顔での肌負担を軽減するには?

ダブル洗顔による肌負担を軽減するには、以下に注意するといいかと思います。

  • 強い洗浄力の製品同士を組み合わせない
  • 角質ケアや毛穴ケアなど同じ高機能の製品をダブルで使わない
  • できるだけ保湿性を高めた製品を選ぶ

肌負担(ダメージ)が大きいダブル洗顔の組み合わせを知っておこう!

肌負担(ダメージ)が大きいダブル洗顔の組み合わせを知っておこう!

ダブル洗顔で肌負担が高くなりそうなクレンジング剤と洗顔料の組み合わせとしては、以下のようなパターンがあります。

①角質ケア機能つきクレンジング剤+ピーリング系洗顔料

ダブル洗顔の組み合わせで、もっとも肌負担が高くなりそう…と思われるのは、角質ケアができるタイプのクレンジング剤と、角質を落とせる成分の入ったピーリング系洗顔料の組み合わせです。

角質ケアもピーリングも意味は同じで、角質をやわらげるためのAHA(グリコール酸・フルーツ酸など)や酵素が含まれています。これらはゴワゴワした角質をやわらげてターンオーバーを助け、ザラつきやくすみを除去し、肌をツルツル・すべすべした状態にしてくれます。

でも、その機能をダブルで使ったら…?必要以上に角質層が刺激にさらされることになり、乾燥・敏感などの原因になることがあります。それぞれ単独の製品としては肌に優しいレベルの処方になっていたとしても、2つが重なれば過剰になる可能性が高まるので注意が必要です。

とくに、角層の薄い敏感肌・乾燥肌の人は、絶対避けた方が良さそうな組み合わせと思います。高機能性の製品はどちらか片方にして、もう一方はマイルドで保湿性や保護性の高いタイプを選ぶことをおすすめします。

②油性汚れに強い合成オイルクレンジング+皮脂汚れをしっかり落とせる洗顔料

同じく、似たような機能が重なってしまう組み合わせとしては、角栓汚れや皮脂汚れに強い合成オイルベースのクレンジング剤と、皮脂汚れへのアプローチ力を高めた洗顔料の組み合わせがあります。

合成オイル系クレンジング剤とは、ベースが合成オイルになったオイルクレンジング剤です。クレンジング力が高く、皮脂系の汚れや毛穴の詰まりにも強いので優れた面がありますが、その分皮脂を奪いやすいリスクがあります。

合成オイルも大きく分けると鉱物油ベースと合成エステルオイルベースの2種があり、鉱物油ベースよりは合成エステルベースの方が穏やかです。

この系列のクレンジング剤を使ったとき、洗顔料でも「皮脂汚れに強い!」とか「頑固な毛穴詰まりもしっかり溶かし出す」とかいう製品を使ってしまうと、必要以上に皮脂が奪われる恐れがあるかと思われます。

単独で使うなら脂性の汚れが気になる人には優れていますが、それがダブルになると脱脂が強くなり過ぎるかも…。皮脂量がかなり盛んなら問題はおこらなくても、乾燥も気になる混合肌や、年齢とともに皮脂が減少してきたと感じる人は注意した方がいいかもしれません。

③鉱物油(ミネラルオイルベース)+固形石ケン

合成オイルの中でも一番脱脂性(皮脂を奪う性質)が高いのは鉱物油(主にミネラルオイル)ベースのクレンジングオイルです。そして、固形石ケンは皮脂をサッパリ洗い流す性質が強いので、この組み合わせはかなり肌が乾燥しやすくなると思われます。

汚れがサッパリと落ちる意味では最強かもしれませんが、乾燥肌や敏感肌の人は避けた方が無難と思います。


ダブル洗顔不要のクレンジングのメリット・デメリット

ダブル洗顔不要タイプのメリット

ダブル洗顔不要のクレンジングのメリット

  • 手間やコストが軽減できる
  • 洗い過ぎのリスクが低い
  • 摩擦や水による刺激が減らせる

不要タイプの最大のメリットは、お手入れが簡単に済むことです。クレンジングの後に洗顔料を泡立て…という手間が省けるので、時短ケアを目指すなら不要タイプがおすすめです。

ダブル洗顔が必要なタイプと違い、クレンジング剤と洗顔料の組み合わせも考える必要もなく、とにかく色んなものが節約できる感じが魅力的。スキンケアは「自分が負担に感じない範囲」でやるのが一番と思うので、不要タイプのクレンジング剤やオールインワンコスメの登場はありがたいですよね。

肌負担の面では、指や泡による摩擦や洗い流しの水刺激は確実に減らせます。そういう物理的な刺激は肌の硬化・シミ・シワなどの原因にもなると言われるので、それが気になる方にも不要タイプは向いています。

ただ、クレンジング剤の成分的な刺激に関しては、製品によって違うので、必ず不要タイプの方が低いとは言えないと思います。

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリット

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリット

  • ダブル洗顔タイプより選択の幅が狭い
  • メイクや肌の状態によってはダブル洗顔が必要なときも
  • 肌負担が低いとは言えない製品もある

色んな面で魅力的なダブル洗顔不要タイプですが、やはりオールインワンということで、ダブル洗顔と比較するときめ細やかな対応はしにくい難点があります。

1つに多くの機能を持たせ、幅広い肌質の人に合わせようとすると…どうしても選択の幅が狭くなってしまいます。

クレンジング剤に一番大切な機能はメイクをしっかり落とすことなので、とくに不要タイプの場合は、自分のメイクをちゃんと落としてくれる製品を選ぶことが重要です。

どの程度のクレンジング力が必要かはメイクの状態によって大きく違うので、メイク落ちをチェックしながら相性の良い製品を探してみましょう。

また、ダブル洗顔をするほどのスッキリ感は得にくく、結局はダブル洗顔をして使うことになる場合もあります。

肌負担が大きい

不要タイプは、基本的にはマイルドな使用感の製品が多いですよね。でも、中にはダブル洗顔より肌負担が高そうな製品も見られるので、乾燥肌や敏感肌の方は注意した方がいいかもしれません。

それは、もっとも脱脂力の高い鉱物油(主にミネラルオイル)をベースに、鉱物油の重たさをしっかり水で洗い流すために油性寄りの界面活性剤ががっつり含まれたようなタイプです。

洗浄力やサッパリ感には優れ、基本価格も安く、これを使っても問題のおこらない丈夫肌の人には便利なアイテムと思います。でも、乾燥肌や混合肌の人は避けた方が無難と思われます。

ダブル洗顔不要タイプを効果的に使うためには?

ダブル洗顔不要タイプを効果的に使うためには?

オールインワンということで、きめ細やかな対応のしにくいダブル洗顔不要タイプですが、上手に使えば便利なアイテムです。

ポイントメイク落としを活用する

メイクの中でも、濃いアイメイクは一番落としにくいアイテムです。それでいて、目元は顔の中でもとくに皮膚の薄いデリケートゾーンなので、クレンジング剤を長く置くのもあまり肌に良いこととは言えません。

不要タイプのメリットは肌への刺激を与えにくいことですが、アイメイクに合わせた洗浄力で選ぶと他の部位には負担がかかり過ぎる可能性もあると思います。

そこでポイントメイク落としを先に使っておけば、クレンジングの本番はサッと済ませられ、マイルドな洗浄力の製品を選ぶこともでき、不要タイプでも十分対応が可能になります。

皮脂詰まりが気になり始めたらダブル洗顔を試してみる

不要タイプは、ダブル洗顔に比べるとスッキリ感には欠けます。皮脂詰まりが気になり始めたらダブル洗顔を試したり、季節によって変えてみたり、肌状態に合わせて使い分けるのも良いと思います。

残留が気になるときは軽い仕上げ洗顔を

不要タイプでも、肌質やメイクの状態によっては「何かが残ってる?」と感じることがありますよね。それは保湿成分によるしっとり感と取ることもできますが、肌の実感的に残留が気になるときは、マイルドな洗顔料で仕上げ洗いをしてもいいと思います。

『石ケンで落とせる』のコスメはクレンジング不要?

『石ケンで落とせる』のコスメはクレンジング不要?

ダブル洗顔にしても、不要タイプにしても、メイクはクレンジング剤で落とすのが原則ですが、唯一の例外は『石ケンで落とせる』と書かれたメイク用品のみを使っている場合です。

そういうメイクアップ用品は基本洗顔石ケンのみで落とせるようになっていて、クレンジング剤を省略することが可能です。

ただ、皮脂とメイクが混じると落ちにくかったり、使用する石ケンによっては落としきれなかったり…というケースもあるので、「落ちていない」と感じたら無理をせず、クレンジング剤の使用をおすすめします。

固形石ケンはシンプルな成分ですが、それが必ずしも低刺激とは限らず、肌との相性によって使用感が分かれるようです。石ケンは皮脂をサッパリさせる作用が高く、弱酸性の肌とは反対のアルカリ性が強いため、人によっては乾燥を感じることが。

皮脂の少ない乾燥肌の人なら、石ケンよりも非イオン性のマイルドな界面活性剤の方が使いやすいかもしれません。肌の反応を見ながら選ぶことが大切と思います。

クレンジングで一番頼りになるのは肌の実感

クレンジングにおいて一番頼りになるのは肌の実感

ダブル洗顔必要タイプと不要タイプは基本的には処方が違いますが、実際の境目はかなりあいまいな部分もあるようです。

よく似た性質に思えるのに片方は『ダブル洗顔必要』、片方は『不要』というパターンも珍しくないようです。メーカーの考え方によっても扱いが変わります。

いずれにしても、美容に「絶対これが正解」という答えはなく、個人差がかなり大きいと思われます。

お肌の状態、メイクの状態、クレンジングの使用環境も使い方も千差万別で、メーカー側の期待した効果がそのまま自分の肌で再現されるとは限らず、使ってみないと何とも言えない部分も大きいですよね。

@コスメなどの口コミを見ていると、「ダブル洗顔不要と書いてあるけど、私はダブル洗顔した方がサッパリするからしている」なんかの比較もよくありますが、それがその人にとっての正解なんだと思います。

目安としてはメーカー情報や口コミが役立ちますが、実際に使用するときには試行錯誤…自分の肌の状態を見ながら使い方を調整し、場合によっては異なる性質のものを使い分けてみたり。

色んな情報や口コミも参考にしながら、自分に合ったオリジナル美容が楽しめるといいですよね。

 

クレンジング選びはこちらの記事もチェック!
クレンジングの知識(種類・やり方)
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました