ディセンシア『アヤナス』のクレンジングを使ってみたレビュー&口コミ

ディセンシア『アヤナス』は、敏感肌でもエイジングケアができるラインです。敏感肌だと色んな美容ケアをしたいと思っても、肌荒れが不安で同じ敏感肌コスメをずっと使っているなんてことも多いのではないでしょうか。

でも、年齢とともに肌の状態も変わるし、エイジングケアも取り入れたいなってときがありますよね。私自身も超敏感肌とともに20代、30代と歳を重ね40代に突入したので、そんな悩める敏感肌の1人です。

リニューアル後さらに人気が高まった印象の『アヤナス』。敏感肌で失われがちなハリ・弾力に注目した人気ラインで、ポーラお得意の植物性新成分なども豪華に配合され、敏感肌を守りながら本格的なエイジングケアのできる独自処方になっています。

エイジングケアにはクレンジング選びもかなり重要と言われていますが…。『アヤナス』のクレンジング、私自身も『アヤナス』の製品は一通り使ってきているので、その体験レビューも含め、気になる他の方の口コミや特徴も含めてまとめてみました。

ディセンシア『アヤナス』の概要

ディセンシア『アヤナス』のクレンジングを使ってみたレビュー&口コミ!

使用を続けるとハリ・弾力が170%アップすると期待されるディセンシア『アヤナス』。

『アヤナス』も含め、ディセンシアすべてのラインに共通しているのは独自処方の「ヴァイタサイクルヴェール」です。肌本来と全く同じ構造を持つセラミドスフィア・肌密度を左右するアミノ酸、保護力の高いクレイのベントナイトを合わせ、敏感肌の弱ったバリア機能をサポートして刺激から守りつつ、水分や成分をしっかり肌に閉じ込めます。

そんなヴェールに守られながら肌にハリや弾力をもたらすのは、ポーラお得意の植物性成分。漢方植物由来で血行を促進するジンセンX、優れたポリフェノールの抗酸化力や肌の活性化でハリをもたらすビルベリー葉エキス、肌のタンパク質劣化や黄グスミの原因になる糖化にアプローチするシモツケソウエキスなどなど…。

エイジングを加速する肌バリアの弱り、肌ストレス、血行不足、糖化などを同時にケアし、敏感肌を安定させつつ、肌にハリ・潤い・弾力を蘇らせるサポートをするのが『アヤナス』のコンセプトです。

お手入れ自体はシンプルな3ステップで、浸透性バツグンのハリ保湿化粧水の『アヤナス ローション コンセントレート』、糖化対策美容液『アヤナス エッセンス コンセントレート』、エイジングクリーム『アヤナス クリーム コンセントレート』の3アイテムが中心です。

香りは天然のラベンダーとゼラニウムの優しい癒し系です。忙しい日々でのストレスや緊張も肌の老化に関わると言われているので、リラックス効果の高いハーブの香りはいいと思います。


『アヤナス ローション コンセントレート』

とろみがありつつ浸透力が抜群です。べたつかず、肌の内側をふっくらさせてくれるようなハリ保湿力があり、ラベンダーとゼラニウムの優しい香りがします。

リニューアル前に比べると保湿力が落ちたのでは?という口コミもありましたが、私個人的には今の方が好きです。小ジワや毛穴を目立たなくする力とかも高い気がします。乾燥・ハリ不足・乾燥毛穴・小ジワなどが気になる人に向いていると思います。べたつきは無いので混合肌でも使いやすいです。

『アヤナス エッセンス コンセントレート』

化粧水の成分に加え、糖化にアプローチするシモツケソウエキスがプラスされた美容液。糖化は、肌のタンパク質と過剰な糖が結びついて変質し、そこに紫外線などの刺激が加わると茶褐色の原因物質が発生して肌が黄色くくすんでしまう現象です。ハリ不足の原因にもなるそうです。

この美容液も浸透性が高く、つけた後のモチモチ感が好評の美容液です。とくに、夜につけて寝ると朝の肌の手触りが変わります。糖化へのアプローチは継続しないと実感が難しいですが、肌のツヤとかハリとかの感覚はアップしたなと思います。

『アヤナス クリーム コンセントレート』

ディセンシアのアイテムは、どのラインもクリームの使用感がかなり好きです。クリームと言っても濃厚な感触はなく、少し透明感のあるみずみずしいクリームです。エイジング用クリームってこってりなものも多くて、私はそれが少し苦手ですが、これは使いやすくていいです。べたべたせず伸びが良くて気持ちがいい。

仕上げ用クリームですが、単純に表面にフタをするだけでなく、パルマリン、ビルベリー葉エキス、ローズマリーエキス、ジンセンXなどの成分が肌の巡りを良くし、弱ったバリア機能やハリの回復をサポートしてくれるようになっています。

個人的な感想としては、これをつけていると外気にあたったときの乾燥や肌荒れが抑えられ、乾燥小ジワや肌疲れが目立ちにくくなり、肌が元気な感じになります。

『アヤナス』注目の成分

『アヤナス』注目の成分

CVアルギネート

ポーラ研究所のオリジナル成分で、コラーゲン産生をサポートする成分です。肌の弾力を保つ真皮層内でコラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞にアプローチします。

ジンセンX

こちらもポーラオリジナルの成分です。漢方植物の高麗人参に由来しますが、普通のエキスより効果の高い部分だけを濃縮抽出しています。血流を促し皮膚温を上昇させる働きがあります。ニューバージョンのアヤナスでは、ストレスや疲労による「肌冷え」にも注目しています。肌の血行が悪くなると必要な栄養は届かなくなり、老廃物はたまり…肌の回復や代謝も正常に行われなくなってしまいます。

ビルベリー葉エキス

ビルベリーは目のサプリとかで使われていることが多いですが、アントシアニンという色素ポリフェノールの抗酸化作用が高く、とくに目や血管などへの作用が期待されています。でも最近は、肌への作用も研究で見つけられ、天然由来のエイジング成分として採用されるようになったようです。

シモツケソウエキス

糖化で発生する酵素「AGEs」を分解し、肌の黄グスミを改善します。シモツケソウは中国で薬草茶としても使われ歴史の古い植物ですが、ポーラの研究で抗糖化への作用が見出されました。

コウキエキス

「黄杞葉」という薬草としても使われる植物から抽出されたエキスです。炎症物質にアプローチして糖化や敏感肌の加速を予防する他、刺激によるメラニン生成を抑制し、シミやそばかすの発生や進行を防ぐ働きがあります。

ローズマリーエキス

ハーブのローズマリーには、古くから肌の引き締め、抗菌、若々しさを保つなどの作用があると言われてきました。肌を清潔に保ちキメを整え、ハリのある状態に導きます。

トコフェロール

抗老化のビタミンと言われるビタミンEのことです。高い抗酸化作用があり、肌荒れや炎症を防ぎ、肌のダメージを予防します。

ラベンダー花水

ラベンダーも古くから美肌効果が注目されたハーブです。精神を落ち着かすリラックス作用の高さも有名です。ラベンダー花水はそんなラベンダーの花の蒸留水です。香りによる効果や抗炎症作用の他、最近は細胞の生まれ変わりや生成を促進する作用も注目されています。

セイヨウナツユキソウ花エキス

引き締め作用や消炎作用があり、ヨーロッパで民間医療用としても使われていた植物のエキスです。抗酸化作用も期待されます。

敏感肌とエイジングケアの関係

敏感肌とエイジングケアの関係

年齢とともに多くの人がシワ、たるみ、くすみなどを気にするようになりますが、ダメージを受けやすい敏感肌ではその進行が速いとも言われます。

ディセンシアの研究によると、敏感肌だと普通肌より10歳以上老けて見られるという結果も出ているそうです。敏感肌だと普通肌より様々なダメージを受けやすく、常に小さな炎症がくり返されているような状態なので、老けて見えるというより肌のダメージが年齢以上に進みやすいということですよね。

私自身が超敏感肌なので、それは身を持って実感します。肌状態とか年齢のサインとかって個人差が大きいですよねぇ。普通肌の人は元々のバリア機能が高い上に、積極的な美容ケアもあれこれ気にせずできるし、なおさら若々しい肌を保ちやすくなるような。羨ましい限りです。

でも、そんな敏感肌で年齢を重ねても、日常のケアが変われば肌はいくつになっても変化します。肌は生き物ですからね…。細胞は常に活動を続け、生まれ変わっています。とくに、敏感肌の人ほど合うスキンケアに出会ったときに違いが出やすいと思います。

スキンケアだけでなく、日々の紫外線対策やストレス対策、食事の心がけ、自分のできる範囲でいいから少しずつでも積み重ねていくと、すぐには無理でも1年後、10年後の肌や体は確実に違ってくるかな?と感じます。

ディセンシア『アヤナス』のクレンジング

ディセンシア『アヤナス』のクレンジング

スキンケアの第一歩はクレンジングから始まると言われ…最近とくにクレンジングと美肌やエイジングの関係に注目が集まっていますよね。普通肌の人ならクレンジングは安いもので十分って感じている人も多いと思うんですけど、敏感肌や年齢とともに弱くなってきた肌になると、クレンジングとの相性がモロに肌状態へ影響したりもします。

敏感肌に最低限必要なクレンジングの要素は、

  • 強すぎず、それでいて自分のメイクは落とせる洗浄力
  • 刺激や洗い上がりの乾燥が抑えられること

と思います。

いくら低刺激で乾燥しないクレンジングでも、毎日のメイクが落としきれなければ本末転倒。メイクや皮脂汚れをきちんと落としつつ、低刺激・高保湿のクレンジングに出会うのはなかなか難しいですよね。

さらに贅沢を言えば、肌荒れ対策やエイジング対策の成分もプラスされていたら嬉しいかな?という感じ。超敏感肌の身としては、あまりに多くの美容成分の入ったクレンジングは成分との相性が難しくなるので選びにくいんですが、肌の刺激にならない程度の成分が少し加わってくれたらいいなと。

『アヤナス』のラインは、そんなクレンジング選びの悩みに応えてくれそうと期待したんですが、残念ながらアヤナス専用のクレンジングは設定がありません。その代わり、美白ラインの『サエル』と共通で使える『スキンアップ リキッドクレンズ』というクレンジングがありました。

考えてみれば、クレンジングの基礎としてはどんな方向性のスキンケアでも変わりないですもんね。どっちにしても敏感肌専用のディセンシアだから使いやすいかな?と思って試してみました。

『スキンアップ リキッドクレンズ』の特徴

このクレンジングはウォータリーリキッドで、オイルが使用されていないタイプです。保湿成分がかなり多めに配合されていて、肌の潤いを守りつつメイク汚れをサッパリと落とす処方になっているようです。

まつエクOK、濡れた手OK、ウォータープルーフ対応と、使いやすさも魅力です。肌荒れ対策成分、保湿成分、植物性美容成分なども含まれます。

口コミでは、「リキッドで使いやすい」「敏感肌でも刺激や突っ張りを感じない」と評価がけっこう高い製品です。リキッドって敏感肌では使いにくい製品も多いのに、さすがディセンシアって感じがしました。考えてみれば、ディセンシアはポーラ・オルビスグループのブランドで、オルビスと言えばオイルフリーのリキッドクレンジングが一番の人気製品。

その技術とポーラの敏感肌研究力が生かされ、敏感肌でも使いやすいリキッドクレンジングになっているのかもしれないですね。ただ、肌質的にリキッド全般が合わないという人もいて、口コミの中にも数は少ないですがそういう書き込みがありました。

そして、正直を言うと私もその1人だったんです。どうやら適度な油分によって肌が守られるタイプらしく…完全なオイルクレンジングは刺激が強くて使えなかったりしますが、水と油分が混じったクリームやミルクのクレンジングが基本合うみたいです。

ですので、『スキンアップ リキッドクレンズ』は、後が少し突っ張りました。私は超敏感肌で、肌が極薄の乾燥肌です。平均を大きく超えたレベルなのであまり参考にならないと思われますが、似たような口コミがあったので、乾燥の度合いがかなりキツくなると突っ張る可能性があるのかもしれません。

反対に、オイルの刺激やべたつきが苦手とか、ミルクやクリームの使い勝手が合わないという人には、『スキンアップ リキッドクレンズ』は魅力的ではないかと思います。
実際に使ってみた感じは、わりとしっかりしたテクスチャーのリキッドで使いやすいし、クレンジング力もそれなりに高い印象でした。

『スキンアップ リキッドクレンズ』の口コミ

リキッドが苦手な私の感想だけでは参考にならないので、他の方の口コミをご紹介します。(※口コミは要約しています)

全体に評価は高い方で、

  • 適度なテクスチャーのリキッドが使いやすい
  • 敏感肌でも刺激を感じなかった
  • メイクがサッパリ落ちる
  • 水で洗い流しやすい
  • 突っ張らない

などのコメントがありました。

ただ、私と似たような感じで「突っ張る」「乾燥する」の口コミもいくつかあり、稀に「顔が赤くなった」など刺激を感じたという人もいます。このクレンジングは敏感肌の人にも好評ですが、肌状態はとても個人差が大きいので注意してお試ししてください。

突っ張らず肌がツルツルする

「半年ほどアヤナスをラインで使っています。クレンジングは別のを使っていたのですが、買い替えのときにこちらを選んでみました。リキッドタイプで、伸ばしやすくてすごくいいです。洗い流しやすいし突っ張らず、後の肌がツルツルします。刺激も感じなく使えたので安心しました」(30代前半 敏感肌)

刺激を感じず使いやすい

「ややしっかりしたテクスチャーですが、肌なじみは良かったです。液だれしないので目のクレンジングにも使いやすかったし、洗いながすとメイクがすっきり落ちます。肌が荒れ気味のときでも刺激を感じませんでした」(20代後半 敏感肌)

敏感肌向けなのに便利

「敏感肌向けって、肌に優しいのはいいけど使いにくいなってクレンジングも多いけど、これはまつエクも濡れた手もOKだし伸ばしやすい。洗い流しもしやすくて便利。気に入りました」(40代前半 混合肌)

アヤナスはOKでもこれは合わない

「肌が赤くなったりはしませんでしたが、かなり突っ張りました。アヤナスをライン使いしているのでこれがいいかな?と思ったのですが、私には向いていなかったみたい。結局他の敏感肌向けのミルククレンジングを使いながらアヤナスを使っています」(40代前半 敏感肌)

リキッドが合わない

「最初は良かったのですが、連続して使っていると肌が乾燥してきたような…。どうもリキッドクレンジングは全般的に合わない気がします」(30代後半 乾燥肌)

リキッドのクレンジング力は界面活性剤の働きによるもので、オイルのようにメイクを浮かす感じはありませんが、水によってサッパリ洗い流しやすいのが特徴です。『スキンアップ リキッドクレンズ』の界面活性剤は、肌を乾燥させにくい低刺激性で優しめのタイプが使われているようです。乾燥を防ぐために保湿成分がかなり多く配合されていて、エタノールやパラベンは不使用になっています。

ただ、メイクや皮脂汚れを水でスッキリと流せる状態になるので、乾燥のレベルが高いとか、メイクがかなり薄いとかの人になると、突っ張りや乾燥を感じる可能性があるかもしれません。そういうときは、適度な油分があるミルクやクリーム、しかもエモリエント性の高い天然オイルやエステルオイルが使用されているタイプの方が使いやすいかもしれない…と思います。

このクレンジングは『アヤナス』のラインというわけではなくて、『アヤナス』のトライアルセットにもクレンジングはセットされていません。リキッドクレンジングに魅力を感じなければ無理に選ぶ必要はないかなと思います。他のブランドの敏感肌向けクレンジングと合わせて『アヤナス』を使うのもおススメです。

『スキンアップ リキッドクレンズ』の全成分

DPG、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ステアリン酸PEG-45、グリセレス-12、イソステアリン酸PG、コウキエキス、マロニエエキス、サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液、トウキエキス、ゲンノショウコ花/葉/茎エキス、ダイズ種子エキス、オレンジフラワー水、ローズマリーエキス、BG、クエン酸、クエン酸Na、トコフェロール


ディセンシア『アヤナス』を実際に使った体験レビュー

『アヤナス』を実際に使った体験レビュー

『アヤナス』は、敏感肌特有の炎症やそこからおこるダメージに着目し、敏感肌のエイジングをしっかりとケアする処方にこだわっています。

私は肌ダメージがかなり深刻な方なので、即効性というのは正直感じたことがありません。もう少し肌状態の良い人なら口コミにあるような速い実感も可能なのかもしれませんが…。

でも、使っていると肌の疲れ方が違うような感じになります。肌荒れや保護の対策もできる分だけ肌が刺激を受けづらく、楽になるのかなって。『アヤナス』の嬉しいところは、エイジングケアとはいえ、外部刺激や肌荒れに対応してくれているところです。

エイジングケアとしては、他のブランドの製品でも魅力的なものは色々あるのですが、肌を安定させながら…という面ではやっぱりディセンシアは使いやすいと感じます。

それに、『アヤナス』は、「コラーゲンサポート」とか、「糖化にアプローチ」とか、研究に基づく本格的なエイジング成分が入っていて、スキンケアに希望を持たせてくれる感じが好きです。劇的な効果は期待できないと思いますが、気持ちが前向きになれます。

敏感肌は年齢以上に老化しやすい。そんな話を聞くと、不安だったり悲しくなったりもしますよね。でも、敏感肌でも、すでにダメージがかなり進んでいても、いくつになってからでも肌は変化するはずです。

私自身は、敏感肌の中でも超がつく部類と思うし、昔っからとにかく肌も体も弱いので、同年代や上の世代に比べても老化は早いなって感じます。
とくに、紫外線アレルギーもあるのに外仕事をしないといけない時期もあって、20歳の時点で肌がボロボロ。

25歳で深いシワが入りハリは完全に失われ、年齢を言うと驚かれるようになりました。様々なスキンケアやら医療やら体質改善やらに迷走してもなかなか効果は出ず、40代が近づくにつれ、おばさんを通り越しておばあさんに近づいたみたい…?って悲しかったです。でも、最近、回復の兆しが見え始めてるんです。肌荒れは昔よりずっとマシになり、深いシワも浅くなってきたような。

残念ながら、「それはすべてディセンシアさんのおかげです!」「アヤナスのクリームで深刻なシワが劇的に改善したんです!」とは言えません(笑)。他のブランドのスキンケアも併用しているし、迷走の末に「自分に合うスキンケアや生活の方法」がつかめてきた積み重ねの結果と思います。

でも、『アヤナス』も含め、ディセンシアは積極的な美容ケアなんて絶対無理って諦めていた私に「使える製品もあるんだな」って思わせてくれたブランドです。肌荒れ、乾燥小ジワ、ハリ感なんかには変化を感じることができました。

相性には個人差があると思うし、私も体調次第では『アヤナス』でも刺激を感じることがあるので状態に合わせて使う感じですが、敏感肌のスキンケアで困っているなら、一度試してみてほしいと感じます。

ディセンシア『アヤナス』まとめ

ディセンシア『アヤナス』まとめ

『アヤナス』は、パッケージも鮮やかな赤で一新し、敏感肌女性の前向きなスキンケアを後押ししてくれる存在です。

残念ながら専用のクレンジングはありませんが、リキッドが苦手じゃないならディセンシアの『スキンアップ リキッドクレンズ』を試してみるのもいいと思うし、他の敏感肌向けやエイジングケア向けのクレンジングと合わせるもよしと思います。

敏感肌でエイジングの悩みがある方はぜひ、お試ししてみてください。

ディセンシアのクレンジング関連記事

人気のクレンジング
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました