『DHC』のクレンジング人気5選!「毛穴ケアに好評」との口コミ多数です!

『DHC』のクレンジング人気5選!「毛穴ケアに好評」との口コミ多数です!

定番の『DHC 薬用ディープクレンジングオイル』を代表に、毛穴ケアに強いイメージのあるDHCのクレンジング。最近はラインナップも増え、色んな肌質・好みに対応しています。

この記事では、DHCの人気クレンジング5種の特徴や気になる口コミや特徴を比較してみました。自分に合ったものを探している人、ぜひチェックしていって下さいね♪

スポンサーリンク

DHCのクレンジング概要

DHCのクレンジング概要

DHCと言えば『薬用ディープクレンジングオイル』。発売から20年を超えるロングセラー人気製品ですが、最近は他の種類も着々とラインナップが増えています。

  • 濡れた手でも使えるオイル
  • 毛穴ケアに特化したオイル
  • 保湿力の高いミルク
  • 便利なふき取りタイプ

全体の特徴は、人工着色料人工香料鉱物油パラベンは無添加で、植物性の成分をできるだけ使うこだわりがあるようです。また、薬用(医薬部外品)であることもポイントのひとつです。

基本はどれもクレンジング後は洗顔がお勧めされているW洗顔推奨派。気軽に買いやすいこともあって口コミの数もかなり多いのですが、その分評価や好みは分かれやすい面も。それぞれに特徴があるので、肌状態や目的に合わせて選ぶのが良さそうです。

DHC『薬用ディープクレンジングオイル』

たくさんの製品が増えてもDHCと言えばやっぱりこれ!というイメージが強いですよね。1995年の発売以来、変わらぬ人気を誇る永遠の定番です。発売から20年を過ぎ、受賞歴も多数。年齢問わず幅広い層に愛用者がいるロングセラーアイテムです。

様々な口コミを見てみると、全体に評価は高いものの相性は分かれやすい製品です。私自身も使っていた時期があります。

黄金色のオイルはバージンオリーブオイル使用の証。スペイン産有機栽培オリーブ果実由来の『フロール・デ・アセイテ』使用のクレンジングオイルです。

『薬用ディープクレンジングオイル』はこんな特徴があります

  • 精製度の高い有機オリーブオイル使用
  • 肌荒れ予防の甘草誘導体(薬用成分)、ローズマリー、ビタミンE配合
  • 無香料、無着色、防腐剤パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤が不使用
  • 肌荒れをカバーしながら優しくクレンジング
  • 肌質や年齢を問わないオールスキンタイプ
  • 天然オイルのベタつきが無くサラッとした伸びのいいテクスチャー、ヌルつかず洗い流しやすい
  • 一般的なグルー使用のマツエクにはOK
  • ハードなメイクだけでなく、気になる毛穴の角栓もオフ
  • 古い角質を取り除きスベスベの肌状態に

こんな方におすすめ!

  • 洗浄力と肌への優しさを兼ねたクレンジングを探している
  • 濃いメイクをしっかり落としたい
  • 肌のクスミやゴワツキが気になる
  • 毛穴の角栓が気になる

注意点

  • オリーブオイルがメインなのでオリーブアレルギーの人には向きません
  • 乾いた手で使うタイプです
  • 医薬部外品ですが、あくまで予防の範囲です。ひどい肌荒れを治せるわけではありません
  • 特殊なグルー使用のマツエクには使用できない場合があります

薬用ディープクレンジングオイルの配合成分と美肌効果

薬用ディープクレンジングオイルの美肌効果

配合成分の特徴としては、肌荒れ有効成分の甘草誘導体やビタミンEが配合され、薬用(医薬部外品)となっています。

メインは天然由来のオリーブオイルです。オリーブオイルの産地として有名なスペイン産有機栽培のオリーブを使用し、その中でも精製度の高いバージンの「フロールデアセイテ」をぜいたくに配合しています。「フロールデアセイテ」は、手摘みのオリーブ果実を昔ながらの石臼製法で穏やかに粉砕し、自然にしたたるオイルだけを集めたもの。

オリーブオイルは人間の皮脂と似た組成で肌なじみがよく、優れた天然の洗浄効果や保湿効果を持ちますが、その品質には差が大きいのが特徴です。DHCではオリーブオイルの品質にこだわり、良質で安全性の高いオイルクレンジングづくりをモットーにしています。

オイル分だけだとベタつきや使用感の重さが問題になることがありますが、『薬用ディープクレンジングオイル』は、サラッとしていて水になじみやすい処方になっていて、メイクや皮脂をしっかり浮かせて肌への負担を抑えます。優しくマッサージをするようになじませると、濃いメイクや毛穴の角栓、古い角質なども浮き上がらせてくれます。

さらに、肌荒れを予防するための甘草誘導体、ビタミンE、天然ハーブのローズマリーなどの成分もプラス。無香料、無着色、防腐剤パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤は不使用の低刺激処方です。

スポンサーリンク

毛穴ケアに効果的!

この製品でイメージされるのは、やっぱり「毛穴」。毛穴の黒ずみやザラつきが気になるとき、まずは試してみたい定番アイテムかなと思います。

オリーブオイルは人間の皮脂と似た構成で、肌なじみが良いのが特徴。天然の界面活性作用も持ち、毛穴ケアに必要な油浮かせと保湿作用の両面を合わせ持つのがオリーブオイルの魅力です。

毛穴悩みの中でも、角栓が詰まりやすい、皮脂が活発で黒ずみができやすい、鼻の皮膚がしっかりしている人におすすめです。

オリーブオイルは天然油の中でも力が強いので効果が期待できる反面、肌がデリケートな人には強すぎて感じることも。肌が乾燥しやすくデリケートな人が使うときは、なじませる時間を短くしたり、週何回かの使用で抑えるなど調整した方がいいかもしれません。

毛穴以外では、角質たまりによるくすみやゴワゴワ・ザラつきが気になるときに。普通に日常使いのクレンジングオイルとして。けっこう濃厚なオイルでクレンジング力があるので、皮脂の出やすい肌質の人、メイクの濃いとき、夏場などに使用しやすいタイプと思います。

『薬用ディープクレンジングオイル』の使い方

『薬用ディープクレンジングオイル』の使い方

このオイルは、使い方次第で使用感や効果がかなり変わります。メーカーおすすめの効果的な使い方をチェックしてみました。

  • 必ず乾いた手で使いましょう。手や顔が濡れているとクレンジング効果が十分に発揮されません。
  • 特別に落ちにくいポイントメイクは先にリムーバーを使うのがおススメです
  • 1回の使用目安は3プッシュ程度。オイルを手に取ったら手のひらで少し温め、メイクや気になる部分に優しくなじませていきます
  • オイルが白っぽくなって柔らかくなったら汚れとなじんだサインです。汚れが浮き上がってくると水~ぬるま湯で簡単に洗い流せるようになります。肌になじませる時間が長すぎると乾燥しやすいので、30秒くらいを目安にしましょう。
  • 十分に洗い流したら、洗顔料でダブル洗顔を行います

こちらは乾いた手で使うタイプ。水が混じるとクレンジング力が出ないので、お風呂場での使用は手や顔を濡らさないように注意しましょう。使用後は洗顔がお勧めのW洗顔用です。

そして、まつエクのグルーを溶かす性質のオイルが不使用のため、一般的なまつエクには使用OKになっています。ただ、グルーの種類や接着方法によって合わないこともあるようなので、不安なときはサロンに確認してください。

スポンサーリンク

『薬用ディープクレンジングオイル』使用者の口コミ

『薬用ディープクレンジングオイル』使用者の口コミ

累計売上7100万本突破の超メジャー製品ということで…口コミは星の数ほどあります。ここでは、実際に使用した方の口コミから、比較的多く見られる内容のものを要約しました。ただ、使用感には個人差があるのでご了承ください。

全体の評価は高いですが、「肌に合わない」と感じた口コミもそれなりにあります。低い評価は、「汚れ落ちは優れているが、自分の肌には刺激が強い気がする」というもの。

このクレンジングオイルはたしかに洗浄効果に優れ、上手く肌に合うと「手放せない」と長年愛用を続ける人が多いようです。成分にもこだわって良質なものを選んでいるのだとは思いますが、ただ、肌質がかなり敏感な人や乾燥のひどい人には合わないことがあるかも…という印象でした。

あと、オリーブに対してはアレルギーをおこす人がいるので、とくにアレルギー体質の人は目立たない場所でパッチテストをしてから顔に使った方がいいかもしれません。

毛穴の黒ずみが改善

「何回もリピートしています。毛穴の黒ずみに悩んでたとき友人に勧められて購入し、ファンになりました!使ってみると毛穴の詰まりがだんだん減って感動。今は黒ずみがほとんど目立ちません。乾いた手で使うこととかちょっと不便に感じることもありますが、肌全体にも合っているし、何より毛穴への効果がいいので使用を続けてます」(20代後半 混合肌)

口コミで多いのはやっぱり毛穴汚れに対するものです。個人差が大きいとは思いますが、合う人にはすごく合うという感じ。乾いた状態でしっかりとオリーブオイルの力を働かせることで、取れにくい毛穴の汚れを浮かせて落とします

毛穴が詰まったときにはこれ

「若い頃から長年使ってます。毛穴が詰まりやすい方なので、詰まったときにはこれ。他のクレンジングも使いますが、詰まりが気になりだしたらこれに帰ります。色々試したけどこれが一番綺麗になります」(30代前半 乾燥肌)

普段は他のものを使っていて、毛穴詰まりが気になりだしたらこれを使うという口コミも多いです。クレンジング力の高いオイルを毎日使うのは負担が気になるという人も、こういう使い方なら良さそうですよね。

小鼻や皮脂の出やすい部分専用にしているという人も。肌状態に合わせて使い分けるのがおすすめです。

肌がツルツルなめらかになる

「オイルクレンジングではこれが好きです。肌によく合っているようで、肌荒れもせず乾燥や突っ張りも無く、メイクも一度でよく落ちます。後の肌が何だかツルツルなめらかになるのも気に入ってます。価格や買いやすさもいいです」(20代前半 普通肌)

これは肌荒れを防ぐ有効成分の入った薬用(医薬部外品)タイプ。ニキビの出やすい肌を整え、オリーブオイルの力で古い角質やザラザラも取り除きツルツルとなめらかな洗い上がりに。

ただ、乾燥によるニキビ・肌荒れやが炎症ニキビが進行中のときにオイルタイプは刺激になりやすい可能性があるので、肌が安定した時期にお試しをした方が安心と思います。

スポンサーリンク

高い評価の口コミまとめ

「メイクはよく落ちるのに肌に優しい。途中で他のクレンジングに浮気をしても必ず戻ってきてしまいます。一時期マスコミの情報で『オイルは良くない』というのを見てオイルクレンジング全般から離れましたが、やっぱり私にはこのオイルが一番肌の調子がいい…という結論でした。自分の肌に合ったものを選ぶのが大切ですね」(40代後半 混合肌)
「ウォータープルーフのマスカラも全体のメイクも綺麗に落ちるし乾燥もしないです。メイクをしていない朝の洗顔のときも、少ない量で皮脂の多い部分だけをサッと洗っています。そうすると毛穴の黒ずみがでにくいです」(20代後半 混合肌)
「色々試しつつ、結局はいつもこれに戻ってきています。他のを使うと鼻の黒ずみが気になるようになります。サッとなじんでメイクや角栓もよく落とせるし、お得なサイズならコスパもいいと思います」(30代後半 混合肌)
「まつエクしてますが抜けることもなく使えるのが嬉しいです。力をいれなくてもなじみやすいし洗い流しやすい。突っ張り感もないです。」(20代前半 混合肌)
「これが一番クレンジング力に優れていてポイントリムーバーを使わなくてよくなりました。濃いメイクが多いので重宝しています。汚れが綺麗に落とせるからか顔色が明るくなる気がします」(20代後半 普通肌)
「洗い上がりがすべすべして気持ちがいいです。乾燥肌ですが突っ張りはとくに感じません。肌に優しいのによく落ちる感じ。気に入っています」(30代後半 乾燥肌)
「私が最初に使ったオイルクレンジングで、途中で他のも試しましたがコスパや使用感が私的に一番ちょうどいいです。とくに、こすらずアイメイクが落とせるのがいいです。ラメ残りもありません」(30代後半 混合肌)

低い評価の口コミまとめ

「すごくよく落ちますが、私は肌への負担を感じます。とくにW洗顔をすると乾燥が気になる…私の肌質には使いづらかったです」(30代前半 乾燥肌)
「メイクはよく落ちるし肌の突っ張りとかは感じませんが、なぜか目の周りだけしみます。」(40代前半 乾燥肌)
「メイクの落としやすさについては満足です。でも、たまにほっぺたがピリピリする時があります。乾燥した部分にはあまり向いていないかも」(20代前半 乾燥肌)
「ラメや濃いアイシャドウなどもスルっと落ちるのでリピートしてきたのですが、ただ、最近洗い上がりの乾燥が気になるようになりました」(30代後半 敏感肌)
「元々アレルギー体質でしたが、これを使い始めてからオリーブアレルギーが出てしまいました。商品自体は汚れ落ちが良くて悪くないと思いますが、とくに植物系のアレルギーがある人は注意した方がいいと思います」(年齢非公開)

低い評価の口コミには「期待した効果が得られない」というものがあります。薬用ということもあってかニキビに対する効果が思ったより感じられないというものも。毛穴やニキビは状態によって本当に個人差が大きいので…人によって相性は分かれてしまうと思います。

それから、「肌が突っ張る・荒れる」の口コミも。けっこうクレンジング力の高いしっかりめのオイルなので、水分も皮脂も少ない人には少し厳しい面があるかもしれません。また、オリーブオイルは稀にアレルギーを持っている人がいます。敏感肌の人は注意してお試ししてください。

私個人の感想

私も最初に使ったオイルクレンジングがこれでした。当時高校生でしたが周囲でこれが大ブームになり、「鼻の黒ずみが落とせる」「肌がすべすべになる」という噂につられて試してみました。

それまでに使っていた安価な洗顔料タイプのものよりはたしかに使用感がずっと良く、しばらくは使い続けていましたが、今になってみると私はかなりの敏感肌&乾燥肌で、しかも大して濃いメイクもしない(というか肌が弱いからできない)ので、このクレンジングはちょっと強すぎたかも?と思います。

年齢とともに肌の薄さは増しているしメイクもナチュラルなままなので、今はもっとマイルドなタイプのクレンジングを使用しています。

でも、しっかりメイクをする人、肌がある程度丈夫な人には人気がありますよね。友人でもずっとこれを使っている人がいます。上手く肌に合ってしまえば心強い愛用品になりそうです。

DHC『薬用ニューマイルドタッチクレンジングオイル』

同じ薬用でも『薬用ディープクレンジングオイル』とはガラっと印象の違う製品。濡れた手OK、サラッとして軽い使用感ラベンダーアロマの香り。手軽に使えるところが人気です。

マイルドな使用感!

こちらは『薬用ディープクレンジングオイル』とはオイルの雰囲気からして違います。軽いテクスチャーですし、濡れた手も使えるのでバスタイムに使うこともできます。入浴中やリラックスしたいときに使えば、ラベンダーでの癒し効果にも相乗効果が期待できますね。

毛穴汚れや濃いメイクへのクレンジング力は『薬用ディープクレンジングオイル』の方が高いと思いますが、マイルドな使用感を求める人には好評。軽いテクスチャーとはいえオイルなので、毛穴汚れやメイク落ちもそれなりに期待できるようです。

使用法と配合成分

まつエク使用はこちらも一般的なものならOKW洗顔推奨タイプです。

薬用成分は肌荒れを防ぐ甘草誘導体(グリチルリチン酸ジカリウム)配合、美容成分としてバージンオリーブオイル、美白作用が注目されるソウハクヒエキス、アロエベラ葉エキスなどが配合されています。

着色料、パラベン、鉱物油は不使用です。

『薬用ニューマイルドタッチクレンジングオイル』使用者の口コミ

『薬用ニューマイルドタッチクレンジングオイル』使用者の口コミ

軽い使用感

「ディープクレンジングオイルに比べると軽くていいです。クレンジング力はあっちが上かなって思うけど、私はナチュラルメイクなのでこちらで十分でした。価格もお手頃だし突っ張りも感じず使いやすいです」(30代前半 普通肌)

こちらは軽い使用感が好評です。『薬用ディープクレンジングオイル』の重たさが苦手だけどこちらは使いやすいと書いた口コミがけっこう見られました。

よく落ち突っ張らない

「しっかりメイクや毛穴の汚れもよく落ちます。洗った後の突っ張りも感じません。オイルタイプでは口元や目元がカサついたりする方ですが、それが全然ないです。クレンジングオイルの中ではこれが一番気に入ってます」(20代後半 乾燥肌)

軽い使用感とはいえ、クレンジング力はそれなりに。日常のメイクや毛穴汚れには十分対応する感じで、「よく落ちる」と書いた口コミが多く見られます。ナチュラルメイクの人なら多少手が濡れていても大丈夫そうですが、濃いメイクには乾いた状態での使用をお勧めします。

香りがいい

「香りが大好き。ラベンダーの香りがリラックスさせてくれます。メイクはよく落ちますが肌に負担がかかる感じはありません」(30代後半 混合肌)

こちらのタイプはラベンダーアロマの香りつき。無香料オイルの油臭さや原料臭が苦手な人、クレンジングにリラックス要素を求めたい人に好評です。

ラベンダーは鎮静効果が高いので、夜のクレンジングに取り入れてみたい香りの1つ。アロマの香りは脳を通じ、精神や肌にも影響すると言われています。

低い評価の口コミでは…

軽い使用感が好評で、突っ張りもないと書かれた口コミが多い一方、「乾燥する」の口コミもあります。さっぱりと洗い上がるタイプのオイルでは、皮脂の少ない人には乾燥しやすい一面も。乾燥の度合いが強くなると洗い上がりの乾燥や突っ張りを感じることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

DHC『クレンジングミルク』

DHCと言えばオイルクレンジングに強いイメージがありますが、オイルは苦手、乾燥が気になる、高いクレンジング力を求めていないという人に向けて開発されたのがこちら。保湿力を重視した乳液状のクレンジングミルクです。

保湿力高め!

オイルタイプはクレンジング機能に優れますが、その反面メイクが薄い人や乾燥の強い人には、それが高すぎると感じることも。どんなオイルを選んでも肌が乾燥してしまう…。そんなときは、ミルクやクリームのタイプを試してみたいところです。

この製品はかなりの油膜感があって、スルスル手軽に伸ばせるミルクではなく、クリームクレンジングのように少していねいにメイクとなじませてあげる必要がある感じ。素早く済ませたい人には向きませんが、その分保湿力は高め。ナチュラルメイクで乾燥対策のしたいときにお勧めです。

使用法と配合成分

こちらは乾いた手で使うタイプです。油膜感が残るため、W洗顔は必須です。クリームのようにふき取って使う方法もOKのようです。

ミルククレンジングは水をベースにオイルを乳化させてあるものですが、これに使われているオイルは、天然オイルのメドウフォーム油。ちょっと贅沢な感じがします。

その他に、エモリエント効果に優れた合成オイルのトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オリーブオイル、スクワラン、植物性エステルオイルなども配合されているのでかなりのしっとり感。

界面活性剤の配合も少ないようなので、肌に優しく保湿力はかなり高いと思われますが、その分乳化しづらく水で洗い流ししくい一面も。メイクとなじませるときは鼻など皮脂の多い場所からていねいにマッサージクレンジングをした方がいいと思います。香料・着色料・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤は不使用になっています。

『クレンジングミルク』使用者の口コミ

『クレンジングミルク』使用者の口コミ

オイルクレンジングで突っ張っていた肌がモチモチ

「オイルタイプを使っていた時は突っ張っていた肌が、これに替えたらモチモチです。洗い残しもとくにありませんでした」(30代後半 乾燥肌)

オイルはどうしても苦手、乾燥するという人もいますよね。そんな乾燥に悩む人のためにつくられたのがこの製品です。ミルクの中でもかなり保湿性が重視されている方だと思うので、乾燥が気になるときに試してみたいタイプです。

洗い上がりしっとり

「洗い上がりがしっとり。刺激がないわりにメイクは普通に取れます。濡れた手も使えたらいいなとは思いますが、ポンプ式で使いやすい。これからも愛用したいです」(20代後半 混合肌)

好評の口コミでは洗い上がりのしっとり感刺激のなさが高く評価されているこちら。濡れた手で使えないので入浴中の使用にはあまり向きませんが、ゆったりマッサージクレンジングしたいときには使いやすいと思います。

肌当たりがすごく優しい

「乳液みたいで気持ちがいいです。肌当たりがすごく優しい。メイクはナチュラルなのでクレンジング力に問題なし。ふき取りで使っています」(40代後半 乾燥肌)

ミルクタイプの魅力は肌当たりの優しさです。クリームだと濃厚すぎ、ジェルだと伸ばしにくいときがあり、オイルは刺激が気になる…。そんなデリケートな肌の人の選択肢として。

低い評価の口コミでは…

口コミでは一定の愛用者がいる一方で、@コスメでの評価はやや低いこちら…。たしかに、幅広い人に向けたミルクではない気がします。保湿性をかなり重視している分、ていねいにメイクとなじませてあげないと上手く落ちず、油膜感がかなり気になる仕上がりになるかも。

界面活性剤控えめというのは肌への優しさや保湿性に配慮してと思いますが、そうなると使用感や便利さに劣ってしまうのかも。両立しようと思えば価格が高くなってしまう。難しいですよね。

超乾燥肌の身としてはけっこう好きなんですが…。乾燥が強くメイクが薄め、乾いた状態でていねいになじます余裕のある人向けと思います。

スポンサーリンク

DHC『濃密うるみ肌 水クレンジングローションIN』

DHCの中ではめずらしいオールインワンのふき取りタイプ。保湿力の高いローションをコットンに含ませ優しくふき取るだけ。クレンジング~化粧水保湿までがワンステップで済みます。

1本持っていると便利!

ながらクレンジングや外出先での使用もできる便利なふき取りローション。これはとくに保湿性を高めたタイプで、シートタイプの製品では乾燥してしまう人にも嬉しい使用感です。

疲れてクレンジングが面倒なときや、入浴までにとりあえずメイクを落としておきたいとき、化粧直しをしたいとき、お泊りやスポーツジムで…などなど、1本持っているとクレンジングライフがより快適になります。

アルコールフリー

こちらはふき取りクレンジングに配合されていることが多いアルコール(エタノール)がフリー

BG、グリセリン、2種のコラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、サクラエキスなどの保湿成分も配合で、かなりのしっとり系。乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすいタイプと思います。

ただ、1つ注意は目に入るとしみる可能性があること。成分との相性次第なので個人差があるのですが、人によっては目に刺激を感じることがあるかもしれません。ウォータープルーフに対応するほど高いクレンジング力はないので、目元は専用リムーバーの使用をおすすめします。

『濃密うるみ肌 水クレンジングローションIN』使用者の口コミ

『濃密うるみ肌 水クレンジングローションIN』使用者の口コミ

使用後しっとり

「ふき取りクレンジングは以前使ったときに乾燥してあまりいいイメージが無かったのですが、こちらはしっとりとしていいです。アイメイクは専用を使いますがそれ以外は問題なくよく落ちます」(20代後半 混合肌)

これの高評価ポイントは、高保湿のわりにメイク落ちはいいこと。ふき取りで乾燥しやすいという人も試す価値があるかもしれません。

使い心地◎

「使い心地いいです~。正直あまり期待せず緊急用に買ったのですが、思ったより気に入ってしまいました。肌に刺激を感じず使えるわりにメイクもよく落ちます。口元がカサカサしたりもしません」(30代後半 乾燥肌)

ふき取りタイプはサブのクレンジングとして使うことが多いと思いますが、使用感がいいと毎日使用したくなることもありますよね。肌や好みに合ったふき取りタイプは1つあるとかなり重宝する存在になってくれます。

低い評価の口コミでは…

メイク落ちの良さ、しっとり感の高さを評価した口コミが多くて、全体の評価は高い方と思います。ただ、「目にしみる」「サッパリ感がない」の2点が低評価口コミのポイントになっています。

ふき取りでサッパリした使用感が好きなら高保湿がかえって余分に感じるかもですね。目の方は、入らないように注意した方が良さそうです…。

スポンサーリンク

DHC『ポアナ クレンジングオイル』

開き毛穴、タルミ毛穴、黒ずみ毛穴に多方面からアプローチ。「毛穴」のケアをとくに重視したオイルタイプです。

潤いを守りつつ皮脂汚れとなじみやすい性質の植物性オイル+穏やかな温感作用で毛穴汚れや気になる角栓詰まりをしっかりと取り除きます。

毛穴汚れに効果的!

毛穴悩みに共通の過剰皮脂と角栓詰まり。角栓は、皮脂と汚れが混じって酸化し、毛穴の中で固まって外に出れなくなってしまったもの。これが塞いでしまうと皮脂の流れも上手くいかず、毛穴トラブルと同時に乾燥の原因になってしまうことがあります。

それに対して、こちらは皮脂に近い構成を持つエステルオイルをベースに、オリーブオイル、グレープシードオイル、アルガンオイル、月見草オイル、ホホバオイルなど複数の天然オイルをミックス。メイク汚れはもちろんですが、毛穴詰まりの原因となる皮脂汚れや角栓をしっかり浮かせて落とします

エステル系のオイルや天然オイルは皮脂汚れを溶かしつつ、適度な油分も残してくれるのが特徴。乾燥を防ぎながら気になる汚れをオフしてくれます。

また、穏やかな温感作用もプラスされているので、寒い季節に縮こまった毛穴のケアにも◎

使用法と配合成分

こちらは乾いた手で使うタイプです。湯船につかって使うと毛穴も開きやすくなって効果的ですが、手や顔が濡れないようにして使いましょう。一般的なまつエクへは使用がOK使用後は洗顔が推奨されています。また、柑橘系の香りも肌や心を優しく癒します。

角栓を溶かす作用の期待できるローヤルゼリー酸やアミノ酸系オイル、皮脂の過剰を抑えると言われるアボガドオイルなども配合。

着色料、パラベン、無着色・アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油は不使用になっています。

『ポアナ クレンジングオイル』使用者の口コミ

『ポアナ クレンジングオイル』使用者の口コミ

角栓ケアに◎

「鼻の角栓が気になっていたのでこれを試しました。お風呂で湯船につかって鼻をクルクルとしたところ、角栓がポロっと落ちました。以前より角栓が減ってきています。メイクもしっかり落とせるし毛穴ケアもできるので気に入っています」(20代前半 混合肌)

この製品は毛穴への効果が一番気になるところですが、角栓ケアに効果を感じたという口コミはけっこう見られます。劇的に効く!というわけではないと思いますが、地道な毛穴ケアに使うには良さそうな感じです。

温感が気持ちいい

「使っていると温かくなって、寒い季節はとくに気持ちがいいです。乾燥もしないしメイクも綺麗に落とせてます。毛穴は汚れが詰まりにくくなったかな?前より目立たなくなりました」(20代後半 脂性肌)

こちらはホットクレンジングと言うほど強い温感ではないですが、肌に穏やかな温かみを感じます。強張った毛穴や冷えた肌を優しく癒し、汚れ落ちの効果をアップ。温感が苦手でなければ使ってみたいですよね。

適度なテクスチャー

「最初はちょっと硬めのテクスチャーですが、肌にのせるとなじみやくなります。適度な質感で液だれしないのがいい。角栓もメイクもちゃんと落としてくれるし柑橘系の香りも好み。リピートしてます」(30代後半 普通肌)

濃厚すぎると重たく、サラサラ過ぎると液だれし、気になる毛穴にもなじませにくい。適度なテクスチャーは毛穴ケアアイテムには重要なポイントかなと思います。普通のクレンジングとしても使いやすい。テクスチャーは全体に好評です

低い評価の口コミでは…

低い評価の口コミでは、「期待していた効果が得られない」というものが多いです。毛穴を意識して買う人が多いと思うので、毛穴に変化がないとがっかり…ってなりますよね。

毛穴への効果は半々かな?という感じで、こればかりは試さないとわからない部分が大きいと思うのですが…温感やクレンジングオイルとしての使用感については悪くないと評価した人が多い感じです。

DHCの人気クレンジングまとめ

DHCの人気クレンジング5種。手軽な買いやすさもあって、肌に合うなら心強い存在になってくれそうです。主力の『薬用ディープクレンジングオイル』以外にも色んなタイプがあるので、興味のある人はチェックしてみてくださいね!

 

自分の肌質に適したクレンジングの選び方と正しい使い方はこちらをチェック!
人気のクレンジング
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com