人気No.1!ファンケル『マイルドクレンジングオイル』の特徴と使用者の口コミ

日本で一番有名なクレンジングオイルかも?と思わすほどよく目にする存在。それがファンケルの『マイルドクレンジングオイル』ですよね。

途中リニューアルしながらも、1997年の発売当初から売れ続けているロングセラーアイテムです。

現在もクレンジング市場でシェア1位。累計7,200万本を売り上げ、@コスメでは殿堂入り、美的やMQUIAなどの美容雑誌でもベストコスメ大賞に選ばれるなど大人気のようです。

@コスメ

口コミでの評価を見てみると、「メイクが落としやすい」「オイルなのに突っ張らない」「毛穴が綺麗になる」「価格がちょうどいい」などなど…本当に人気は高いみたいです。

ただ、中には「肌に合わなかった」の口コミもあるので、具体的な口コミや成分なども踏まえ、ファンケル『マイルドクレンジングオイル』の特徴をまとめてみました。

ファンケル『マイルドクレンジングオイル』の製品概要

No.1人気!ファンケル『マイルドクレンジングオイル』の特徴と口コミ

まず初めに、ファンケル『マイルドクレンジングオイル』はどんな製品か?を使用者の口コミや配合成分から概要をまとめてみました。

主な特徴

  • ミックスオイル型クレンジング
  • オイルのわりにサラッとしている
  • クレンジング力高め
  • メイク落ちが素早い
  • 角栓汚れに強い
  • 毛穴汚れに強い
  • ニキビの原因になりにくい処方
  • 乾燥小ジワへの効能評価試験済み
  • 無香

使用の特徴

使用の特徴

  • W洗顔推奨
  • 濡れた手・顔OK
  • 一般的なまつエクOK
  • ウォータープルーフアイテムOK
  • 開封後期限あり(120日)

無添加成分

無添加成分

  • 防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)
  • 香料、着色料
  • 石油系界面活性剤、鉱物油
  • アルコール

期待できる効果

  • 素早いクレンジング
  • クレンジングによる乾燥を防ぐ
  • 角栓
  • 毛穴
  • 肌のざらつきを落とす

注意点

  • ニキビや敏感肌には個人差が大きいですので注意してお試しください
  • 炎症などがあるときは使用を控えた方が安心です


『マイルドクレンジングオイル』はリニューアルしてバージョンアップ

『マイルドクレンジングオイル』はリニューアルしてバージョンアップ

『マイルドクレンジングオイル』は、2017年11月にリニューアル。それ以前にも何回かリニューアルしていますが、旧バージョンよりメイクなじみが良く、角栓やザラつきへのアプローチ力も高くなっているそうです。それでいて、うるおい力もアップ。乾燥小ジワへの効能評価試験も受け、その力が確認されています。

使用感も肌への優しさもリニューアルしたということなので、「昔使っていいイメージがない」という方も、試してみる価値があるかもしれません。

旧バージョンでの悪い口コミが参考になってのリニューアルだったのか、新バージョンの方が「突っ張り感の無さ」「洗い流しやすさ」「角栓への効果」などの評価が旧バージョンより良くなっている印象を受けました。

ロングセラーアイテムのメリットは、「生き残るために進化をくり返す」というところにあるのかも…?次から次にライバルが現れるのでメーカーさんは大変だと思いますが、消費者側にとっては嬉しいことですよね。

『マイルドクレンジングオイル』は、クレンジングの基本をしっかり押さえた元祖オイルクレンジング

『マイルドクレンジングオイル』は、クレンジングの基本をしっかり押さえた元祖オイルクレンジング

『マイルドクレンジングオイル』は、

  • きっちりメイクオフできること
  • クレンジングに時間をかけすぎないこと
  • クレンジング時に摩擦を与えないこと

の基本要素をしっかり押さえた元祖オイルクレンジング剤です。それに加え、多くの方を悩ます角栓に強いという性質も人気の秘訣のようです。

クレンジングの一番の役割は「メイク汚れをしっかり落とすこと」。メイクには油分をはじめたくさんの色素なども含まれますので、それが居残ったままだと成分が酸化し、肌荒れ・ニキビ・毛穴詰まりなどの原因になってしまいます。

また、メイクは外気から肌を守る洋服のような働きも持ちます。1日外で頑張ったメイク肌には大量のほこりや汚れが吸着しています。肌の回復や再生を促すためにも、それらはしっかりと落としてあげたいですよね。

そのためのクレンジングは、スキンケアの準備としてもっとも重要な存在。でも、汚れを落とすことは肌の刺激にもなり得るので、洗浄力の高いクレンジング剤は肌と密着させる時間を増やさないことが乾燥や肌荒れを防ぐために重要です。

『マイルドクレンジングオイル』は、

  • メイクに素早くなじみ「するっとオフ」
  • 水とオイルがなじみやすくすっきり洗い流せる

の特徴を持ち、忙しい方でもストレスなく、肌負担を抑えながらクレンジングが行えると好評のようです。

エステルオイル+天然美容オイルの混合型

エステルオイル+天然美容オイルの混合型

一口にオイルクレンジングと言っても様々なタイプがありますが、ファンケル『マイルドクレンジングオイル』の洗浄力の中心は、「エチルヘキサン酸セチル」というエステル系と呼ばれるオイル分です。

エステル系オイルの特徴は、優れたメイクなじみを発揮しますが鉱物油より脱脂力はマイルドで、乳液などではエモリエント剤として配合されています。エステルオイルベースのクレンジング剤は、オイルクレンジングの中では比較的乾燥傾向の方に使いやすく、幅広い層に好評を得ている製品が多いようです。

こちらには、さらに保湿性や肌当たりの良さを高める目的で、天然美容オイルのバオバブオイルや、人間の皮脂に近いダイマージリノール酸なども同時配合。オイルクレンジングのわりに肌あたりが優しい使用感に仕上がっています。

また、汚れやオイルの肌離れを良くするため、界面活性剤が配合されています。界面活性剤は、汚れやオイルの残留を防ぐためには重要な存在で、これが無いとヌルヌルとオイル感が残り、メイクの落ちもイマイチに。

こちらに配合されているのは、非イオン性と呼ばれる肌刺激性の低いタイプです。乳化剤として乳液などに配合されることもあり、硫酸系界面活性剤のような刺激性はありません。

W洗顔推奨タイプ

W洗顔推奨タイプ

こちらのクレンジングは、W洗顔がすすめられているタイプになります。W洗顔のメリットは、

  • クレンジングオイルの残留を防ぐ
  • クレンジング剤が苦手な汚れをしっかり落とす

こと。

W洗顔不要タイプのクレンジング剤とW洗顔必要タイプのクレンジング剤は、処方そのものが違っている場合もありますが、似たような処方でもメーカーの考え方次第で分かれている場合もあります。

『マイルドクレンジングオイル』も肌離れの良いタイプで、一見W洗顔不要とうたっても良さそうな感じもしますが、ファンケルはW洗顔推奨派。とくにこちらは肌を保護するために配合した油膜を張る成分が残留しやすいようで、W洗顔が必要です。

W洗顔を前提にすることで、クレンジング剤に洗顔料の機能を追加する必要がなく、クレンジングに特化した効果的でマイルドな処方にできるというメリットもあります。

ただ、こちらのクレンジング剤はわりとしっかりした洗浄力を持ちますので、W洗顔用の洗顔料は肌に優しいものを使うのがおすすめです。相性としては、同じファンケルの洗顔料が一番よく合うように作られているとは思います。

ニキビ肌の方への注意点

ニキビ肌の方への注意点

『マイルドクレンジングオイル』は、ニキビのできやすい肌の方の愛用者も多いようです。口コミでも、「ニキビが増えない」「これに変えてからニキビができにくくなった」の声が見られました。

こちらは、ニキビの原因になりにくい処方で、メイクがしっかり落とせるところや、オイルが流れやすくなっているところ、角栓汚れにアプローチできるという面ではニキビのできやすい方にも良いかもしれません

ただ、ニキビの状態は非常に個人差が大きく、成分や口コミだけで自分の肌状態に合うかどうか判断することは正直難しいです。最終的には実際の肌で試してみるしかないのですが、その場合はニキビが進行中の時期を避け、ニキビが落ち着いてから注意深く試した方がいいかと思います。

ファンケルにはニキビ肌向けの「アクネケア」のラインがあり、洗顔料にはアクネケアタイプがあります。

こちらでも『マイルドクレンジングオイル』は共通ですので、アクネケアと合わせて試してみるのも良いかもしれません。

敏感肌の方への注意点

敏感肌の方への注意点

ファンケルと言えば、「無添加主義」。無添加化粧品のパイオニアって感じですよね。最近は無添加なんて全然めずらしくなくなりましたが、無添加主義のトップメーカーとしてのこだわりは強いようです。

一般的な安全性基準をクリアした原料を使うだけでなく、社内で独自の安全性試験を徹底して行っているそうです。

そのイメージから、敏感肌の方に選ばれることも多いようです。ただ、敏感肌の方は「何に敏感か」がそれぞれ違い、肌質は様々ですから、自分自身の状態に応じて選ぶことが大切と思います。

こちらのクレンジング剤は、全体に安全性の高い成分が厳選されているとは思います。けれど、オイル自体に敏感な肌質の方には向きませんし、安全性が高い成分でも自分がアレルギーを持つ物質が入っていれば合わない可能性はあります。

敏感肌の方がお試しする場合は、比較的落ち着いている時期を選び、事前に目立たない場所でのパッチテストを行った方が安心です。


『マイルドクレンジングオイル』に期待できる効果

『マイルドクレンジングオイル』に期待できる効果

口コミなどで多く見られる効果実感としては、

  • 素早いクレンジング
  • クレンジングによる乾燥を防ぐ
  • 角栓
  • 毛穴
  • 肌のざらつきを落とす

などがあります。

角栓へのアプローチが強い

最近はすっかり定番になった「毛穴へのクレンジングアプローチ」ですが、最初にそれを大々的にアピールしたのはファンケルだったかも?と思います。

毛穴からポツポツと飛び出す角栓。過剰に分泌された皮脂が固まった状態ですが、角栓に一番強いのはやはり同じ油性成分。エステル系オイル+バオバブオイルなどの美容オイルの組み合わせは、角栓汚れに強い性質を持つようです。

使用のポイントとしては、「力を入れず、優しくクルクルとなじませること」。力をいれるとかえって毛穴のダメージになりますので、無理に汚れを落とそうとせず、優しくなじませることを心がけましょう。

ザラつきの原因もスルっとオフ

同じく口コミでよく見られるのは、「アゴや鼻のザラつきが減った」「洗い上がりがスベスベする」などです。ミックスオイルの力で古い角質や汚れをやわらげ、優しく浮かし、水で洗い流しやすい状態に。

こちらには、ザラつきに対するピーリング成分などは含まれず、オイルのクレンジング効果&エモリエント効果によるアプローチですので、乾燥傾向の方や肌がデリケートぎみの方にも使いやすい処方になっているようです。

その分劇的な効果とはいきませんが、毎日使うクレンジング剤としては、その方が安心と思います。

効果的な使い方

①濡れた手でも使えますが、できれば軽く水気をふき取りましょう。
※濃いメイクをしっかり落としたいときは乾いた状態での使用をおすすめします。

②適量は500円玉大くらいで、ポンプでは2プッシュ分を手のひらに取ります
※量が少なすぎると肌に摩擦刺激がかかって負担になります。

③指先を使って顔全体になじませます

④ほほ→Tゾーン(額・鼻筋)→Uライン(顎まわり)→目元の順番で、内側から外側に向かって指をクルクルと滑らせます
※目元はまぶたのラインに沿わず、まつ毛の毛流れに沿ってなじませるとダメージが減らせます。

⑤すすぎは水~30℃前後のぬるま湯の流水で十分に行います
※冷たい水は洗顔前に毛穴を閉じてしまうので、ぬるま湯のすすぎがおすすめです。

クレンジング後はマイルドな洗顔料でW洗顔を行いましょう。

ファンケル『マイルドクレンジングオイル』使用者の口コミと解説

ファンケル『マイルドクレンジングオイル』使用者の口コミと解説

ここからは、挙がっていた多くの口コミから、具体的な製品の使用感や期待できる効果、使用上の注意点などをチェックしてみました。

  • 20代~40代前半あたりが中心
  • 良い口コミの肌質は幅広い
  • リピーター率は高い
  • かなり強い乾燥肌の方には厳しそう
  • ニキビ肌、敏感肌では評価が分かれている

口コミの年齢層としては、20代が一番多い感じですが、30代や40代前半もそれなりの数が見られます。それ以降の年代の方の口コミもありますが、ある程度肌質のしっかりした方、皮脂量が保たれている方向けになるかもしれません。

肌質は乾燥~脂性まで、合う人には合うという感じです。オイルクレンジングのわりに乾燥傾向の方に好評を得ています。ただ、乾燥が強い方になると、「私には突っ張り感がある」「やっぱりミルクやクリームの方がいいみたい」の口コミもありました。

ニキビ肌、敏感肌の方に関しては見事に評価が分かれ、「これ以外は使えない」「これに救われた」という声もあれば、「ニキビが増えた」「肌にしみた」などの声も。こればかりは、試してみなければ分からないところかもしれません。

ファンケルの公式通販には返品制度がありますので、相性が不安な方はそちらからの利用をおすすめします。

「するっと簡単にメイクが落ちる」

口コミで一番多いかなと感じるのは、「するっと簡単にメイクが落ちる」というものです。ファンケル側も「するっと落ちる!」というのを全面にアピールしていますが、実際の口コミの評価でもその実感が多いところをみると、そちらは期待ができそうですね。

なかなか落ちないクレンジングを使うと、ついゴシゴシとやりたくなりますよね。肌への過度の摩擦がくり返せば、肌荒れ、乾燥、シワ、たるみ、色素沈着、角質が厚くなるなど肌トラブルにつながってしまう恐れもあります。

その面ではクレンジングは伸びがよく、指に力を入れずなじませられるテクスチャーが理想的。下地やファンデーションを塗るときには、ある程度肌に摩擦がかかってしまうのは避けられませんよね。それならせめて、クレンジングくらいは肌をこすらず優しく落としてあげたいものです。

ファンケルの『マイルドクレンジングオイル』は、オイルと言ってもサラッと伸びの良いテクスチャーで、こすらずメイクを浮かす力が高いところが特徴です。

伸びの良いクレンジング剤は肌ストレスだけでなく、精神的なストレスも感じずに済むのもメリットだと思います。忙しいときとか疲れているときにメイクがなかなか落ちないと…肌に悪いとわかっていても「もういい!」と放棄したくなったり。

クレンジング不足の肌では、せっかくの化粧水も高級美容液も台無しです。自分の肌や心が疲れない簡単クレンジングは魅力的です。

「洗い上がりが乾燥しない」

クレンジングの2大要素といえば、メイク落ちと並んで「肌が乾燥し過ぎないか?」がありますよね。とくに乾燥傾向のある人にとっては、洗い上がりに乾燥しないクレンジング剤探しは難しいものです。

『マイルドクレンジングオイル』は、リニューアルをくり返すたびに保湿性が上がっているような…改良が加えられているようです。

クレンジングの場合、その後すぐに保湿ケアをすれば乾燥は防げますから、多少の乾燥ならOKという口コミも見られました。メイク落ちの良さを優先ということですね。

こちらのオイルには、クレンジング中に油膜が肌を守るような処方になっているようです。そのおかげか乾燥小ジワに対する効能評価試験でも認められています。その分オイル残留の可能性ありますので、W洗顔をして仕上げることをおすすめします。

ただ、その性質が、乾燥のかなり強い方にとっては厳しい面もあるようで、「口コミ評価では突っ張らないとあったけど…私は無理みたい」の口コミも。その場合は、ミルクやクリームタイプのクレンジングの方が向いているかもしれませんね。

「毛穴汚れが綺麗になる」

『マイルドクレンジングオイル』は角栓へのアプローチ力にこだわっているだけのことはあるようで、角栓や毛穴に対して何らかの効果を実感した口コミも多いです。

「角栓が取れる」「毛穴が綺麗になった」などなど…。するっと落ちるクレンジングで毛穴も綺麗になるのは嬉しいですよね。その効果が実感出来たら、手放したくなくなるかもしれません。

ただ、角栓や毛穴の状態にも個人差が大きいため、すべての方に「角栓がポロポロ」のようなわかりやすい効果が実感できるとは限りません。その場合、頑張って効果を得ようとするのは止めた方がいいです。

毛穴は、強く刺激するとよけい事態が悪化します。とくに肌全体がデリケートな方、乾燥毛穴の傾向が強い方は、頑張るケアより、肌に負担を感じないクレンジング剤を選び、地道なケアを続けましょう。

「クレンジングはずっとこれ」

「マイクレ」とあだ名がつくほど愛されているファンケルの『マイルドクレンジングオイル』。途中で浮気をすることはあるものの、「結局これに戻っている」「他に気になるものが無ければ必ずこれ」「10年以上使っている」など、根強い愛用者からの口コミが多いのも特徴のようです。

たしかに、1つ安定して使えるクレンジングがあると心強いですよね。価格のちょうど良さ、機能の良さ、使用の便利さ、買いやすさ、ファンケルのブランド力…などなど、長年使い続ける愛用者が多い要素は色々とありそうです。

「コスパは悪くない」

ファンケルのコスメは、無添加で品質を保つため、大容量のタイプは作らないこだわりがあります。そのため、化粧液や乳液ではコスパが不評の口コミもけっこう多いですが、クレンジングに関しては「コスパは悪くない」と感じる方が多いようです。

伸びが良くメイクとなじみやすいため、意外と長持ちするという感想が好評の口コミではよく見られました。

ただ、1つ注意点は、使用期限があるということです。『マイルドクレンジングオイル』は開封後120日以内です。例えば、普段は他のクレンジングを使い、これは持ち歩き用とかお泊り用にしている…という方の場合、開封日を書いておいて(そのためのシールがついています)、期限ないかどうかを確かめて使いましょう。

使用期限を過ぎるとオイルの劣化が考えられますので、使用はしない方が無難です。防腐剤無添加・品質へのこだわりの高いファンケルならではの特徴という感じです。

口コミ評価の高いマイクレですが、低い評価の口コミも当然あります。今度はそちらをチェックしてみました。

「水に濡れると洗浄力が落ちる気が…」

悪い口コミというわけではないですが、「濡れた手OK」とあるものの、濡れたら洗浄力が落ちて感じるという口コミがけっこう見られます。

こちらはオイルに界面活性剤を混ぜて水となじみやすいようにしてありますが、しっかり濃いメイクを落としたいならやはり乾いた手・顔の方が洗浄力は上がります。お風呂場で使うときなどはクレンジング前にサッと手や顔をふいてから使用するのがおすすめです。

「ニキビにしみる」

低い評価の口コミの中で、「ニキビにしみる」というコメントがありました。ニキビ肌の方からの評価は良いものと合わなかったというものに分かれていますが、どちらにしてもニキビが進行中のときはお試しを避けた方がいいと思います。

ニキビが進行しているときはオイルが刺激になりやすいので、ジェルタイプでニキビ肌用につくられたタイプなどを使用し、状態が落ち着いてからこちらを試すことをおすすめします。

「可もなく不可もなく」

ファンケルの『マイルドクレンジングオイル』には根強いファンも多いため、かなり高い評価の口コミも見られます。一方で、「すごく期待したけど普通」「可もなく不可もなく」「もっと安いクレンジングでもよかった」などの口コミも。

これについては、本当に「個人差」と思います。これまでに使ってきたクレンジングとの対比によっても感想が代わるので、似たような系列のクレンジングをすでに使っている方には「特別感はないなぁ」と感じるかも?と思います。

また、肌が健康でクレンジングでの大きなトラブルなしという方も、「これならもっと安いクレンジングで良いかも」と感じそうな気がします。

ファンケル『マイルドクレンジングオイル』まとめ

ファンケル『マイルドクレンジングオイル』まとめ

発売から20年のロングセラーを続けるファンケルの『マイルドクレンジングオイル』の口コミでは、メイクや角栓汚れの落としやすさ、使いやすさ、オイルのわりに乾燥しにくいなどのコメントがよく見られます。根強い愛用者も多いようです。

一方、W洗顔が嫌な方、オイルクレンジング自体が苦手な方、強い乾燥の方、ニキビや肌荒れの状態によっては合わないことがあるかもしれません。

人気のクレンジング
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました