菊正宗のクレンジング『日本酒のメイク落とし』を使ってみた感想と口コミ!

日本酒のスキンケアシリーズが好評の菊正宗酒造。プチプラで使用感もよく、口コミでも人気があります。その中でも、クレンジングはなかなか気持ちのいい使い心地…。

日本酒の力で肌がスベスベ、トーンアップしたなどの口コミも見られます。

この記事では菊正宗のスキンケアクレンジング『日本酒のメイク落とし』の特徴と実際に使ってみた感想、併せて他者の口コミもピックアップしました。

『日本酒のメイク落とし』の製品概要

菊正宗のクレンジング『日本酒のメイク落とし』を使ってみた感想と口コミ!

  • みずみずしいジェルタイプ
  • 洗い流し・ふき取り両用
  • 濡れた手・顔でも使える
  • 弱酸性
  • 無着色・無鉱物油

プチプラ化粧水でもおなじみ菊正宗酒造のクレンジングで、日本酒シリーズが好きという人にはもちろん、スベスベした洗い上がりがいい人、肌の透明感を求める人、プチプラを求める人、みずみずしいジェルタイプが好きな人にも好評です。

プチプラなのに何かの効果をコメントにあげている人が多いってことが特徴的だと思います。例えば「肌がスベスベする」「肌がトーンアップした」「毛穴の汚れが気にならなくなった」「肌がモチモチする」など。

プチプラで口コミ人気の高いものはたくさんありますけど、基本のクレンジング力と保湿性がそこそこあり、それでいてプチプラってところに高い評価が集まっていることが多いですよね。

そして上に書いたみたいな美肌効果を実感したというコメントをあげている人が意外にたくさん。それもモニターさんのテンション高い口コミじゃなくて、普通に購入した人が書いてる感じの口コミに効果実感のコメントが見られるので、「なんか良さそうだな」って思わず試したくなります。

米と発酵のクレンジングバーム

姉妹品として米と発酵のクレンジングバームもリリースしています。こちらも同社を代表する人気のクレンジングとなっていて、口コミでも好評です。

使い方は?

  • ウォータープルーフのアイメイクをしているときは専用リムーバーを先に使いましょう。
  • 適量目安はサクランボ大です。
  • 適量を手に取り、優しくマッサージするようにメイクとなじませます。
  • メイクと十分なじんだら、水~ぬるま湯でしっかり洗い流すか、やわらかなティッシュで肌をこすらないよう優しくふき取ります。
  • クレンジング後は洗顔料で洗顔をします。

配合成分は?効果実感の秘訣は日本酒?

効果実感の秘訣は日本酒?

口コミに効果実感の声が多く見られる秘訣としては、やっぱり「日本酒」の力が関係しているんでしょうか。その名に嘘はなく、美容成分としての米発酵エキスがけっこう含まれているようです。成分表示の上の方に「コメ発酵液」の文字が。

日本酒はお米と米こうじと水を発酵させ、こしたもの。つまり米発酵エキスです。化粧品成分のコメ発酵液は、「日本酒酵母エキス」とも呼ばれます。お米の美肌力に注目したスキンケアアイテムは多いですよね。お米には、豊富な糖類による保湿性や、米ぬかに含まれる有機酸、セラミド様物質、ビタミンB群、天然ビタミンEの存在が知られています。そして、発酵することにより、また違った様々な副産物が発生します。

お酒づくりの過程では、酵母の活動によってお米の栄養が増し、コハク酸やリンゴ酸などの有機酸も産生されます。コハク酸は美白成分の1つとして、リンゴ酸は角質をやわらげる成分としてスキンケアに使われています。その他、ビタミンB1・B2なども豊富になります。

また独特の美味しさは、グルタミン酸などのアミノ酸によるものです。アミノ酸は肌の基礎になる成分で、細胞の密着度を高め、キメの整ったもっちり保湿にも欠かせない存在です。

それらの働きで美肌に嬉しい作用が期待されます。基本の保湿、角質をやわらげくすみやゴワゴワの無いモチ肌へ、穏やかな美白作用など…。昔から、お酒づくりや糀づくりに関わる職人さんの手は、重労働なのに手荒れもせず、しっとりと白い手の人が多いと言われます。

洗い流してしまうので、美容成分がいっぱい入っていても「なんかもったいなくない?」と感じることもたまにありますが、コメ発酵液は美容だけでなくクレンジングへの効果が見込めそうなのがいいですね。保湿をして角質をやわらげ、すべすべのお肌に洗い上げてくれそうです。

スポンサーリンク

アミノ酸の力

全成分表示を見ると、コメ発酵液以外にアミノ酸も入っているんですね。グルタミン酸、アルギニン、ロイシンはどれもアミノ酸の1種です。日本酒にもアミノ酸が豊富と言われますが、化粧品成分としてのアミノ酸には優れた保湿効果が知られています。

アミノ酸と言えば、肌の基礎になる材料です。食べ物の方でもアミノ酸が不足するとパサッとした肌になりやすいですが、外から与えるアミノ酸には細胞同士の密着度を高め、キメの揃ったモチ肌に導く独特の保湿効果が期待されると言われています。

個人的に、アミノ酸系の保湿力は好きです。油分や糖類のように強力な感じはありませんが、カサカサした肌や髪を毛羽立たないように抑えてくれるような感触があって、肌をなめらかにしてくれるような気がします。

美容成分がプラス

アミノ酸の成分表示に続き、プラセンタエキスアルブチンの文字も。この2つは、配合濃度によっては美白成分として認められています。それほど多く配合されているわけではないと思いますし、保湿成分としての役割って感じですが、でも、なんか豪華な感じがしますね。コメ発酵液、アミノ酸、プラセンタ、アルブチンの並び。

保湿力としては、一番上に名前があがっているDPGの力によるものが一番大きいと思われますが、そこに他の成分の保湿力も加わるので、乾燥肌の人にも使いやすくしてあるようです。

肌荒れ予防のグリチルリチン酸2K配合

成分表示の並びでもう一押し。肌荒れ予防・消炎の作用がある甘草由来の成分としておなじみのグリチルリチン酸2Kも入ってました。コメ発酵液、アミノ酸、プラセンタ、アルブチン、グリチルリチン酸2K。いいですね。個人的に好きです、このラインナップ。

全成分

水/DPG/トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル/ペンチレングリコール/コメ発酵液/グルタミン酸/アルギニン/ロイシン/プラセンタエキス/アルブチン/グリチルリチン酸2K/シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール/イソステアリン酸PEG-20グリセリル/ヒドロキシプロピルシクロデキストリン/カルボマー/水酸化Na/ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル/メチルパラベン(防腐剤)/香料

クレンジングとしての評価

クレンジングとしての評価

美肌効果の実感が口コミにあがっていますが、肝心のクレンジングとしての評価はというと、ジェルのみずみずしさ、やわらかなテクスチャーの伸ばしやすさ、濡れた手や顔がOKという使いやすさが好評です。ただ、薄化粧の人向けという感じはして、濃い化粧の人はこれだけでは厳しそうです。

みずみずしい水性ジェルタイプ。ベースは水で、クレンジング成分は界面活性剤のトリイソステアリン酸PEG-20グリセリルです。

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルは、肌への刺激性が低い非イオン性という種類の界面活性剤で、肌の潤いを奪い過ぎない特徴があります。その分洗浄力もそう強くはないと思われます。オイルタイプやクリームタイプに比べれば、濃いメイクには対応しにくいと思います。

反対に、普段は薄化粧しかしないという人には、マイルドな肌当たりで美肌効果も期待できるなら魅力的ですよね。値段も安くたっぷり使えるので、首や手足の日焼け止め落としにも利用できます。

水性ジェルタイプは濡れた手でもクレンジング力が左右されにくいので、お風呂場で使いたい人にも好評です。ただ、あまりに濡れていると上手くなじまないので、なじますときは軽く水気を取ってからの方が使いやすいです。十分になじませたいときは乾いた状態がおすすめです。

スポンサーリンク

日本酒に弱い人は…

『日本酒のメイク落とし』使い方

名前の通り日本酒が含まれます。なのでそれっぽい香りがします。それについては好みが分かれているようです。

大好きな人は「いい香り~」と書いていますが、一方では「匂いが苦手」という人も。そして「匂いは苦手だけど使用感はいいから使ってる」という人や「慣れると悪くない」という人と様々です。

飲むお酒としての好き嫌いと、スキンケアでの肌に合う合わないは一致しません。酒豪でもなぜか肌がアルコール分に負けやすい人もいますし、お酒は嫌いだけどスキンケアはとても肌に合うという人もいます。

発酵系コスメが苦手、日本酒のスキンケアが苦手、お米アレルギー、肌がアルコールにかぶれやすいなどの人は、使用を避けた方が無難です。

一方、お酒は飲むけど、スキンケアは使ったことがないという人は、試してみるのもいいと思います。ただ、最初お試しするときは目立たない場所で試すなど注意してください。

同じ菊正宗の化粧水やクリームが好きで、クレンジングは未経験という方はぜひ一度試してみてください。口コミでもライン使いしているという人がけっこういます。日本酒のプチプラスキンケアラインでツルスベ肌が目指せるかもしれません。

『日本酒のメイク落とし』を筆者が実際に使ってみた感想

『日本酒のメイク落とし』を筆者が実際に使ってみた感想

正直を言うと、私自身はこれまで菊正宗のスキンケアを使ったことがありませんでした。その理由は、アルコールにとても敏感な肌質だからです。

昔はその自覚がなくて、よく赤くなるのはただ敏感肌だからかなって思ってたんですが、あるとき母が使っていた日本酒系の化粧水を借り、顔を真っ赤に腫れたときに気付きました。その化粧水は菊正宗のものより高価で、配合率も高かったんでしょうか…。母はとても気に入って、「肌が白くスベスベしてきたみたい」って定期購入していましたが、私にはまったく合わず。本当に「個人差」ですね。

それ以来、日本酒系のコスメはずっと避けていました。ところが、最近肌質が変わったのか、試供品で間違って使ったときに普通に使えたんです。そこでこれを試してみたところ、大丈夫でした。

肌質って変わることもあるんですねぇ。基本は敏感肌なのでずっと使うのは無理かなと思うんですが、肌が負けさえしなければ使用感もよくお手頃で、なかなか良い印象でした。メイクは薄いので問題なく落ちているようです。香りは個人的に嫌いじゃないです。発酵系の甘酸っぱい匂い。

ただ、水性ジェルタイプは高確率で肌が乾燥してしまう肌質なので、どうかな…と思いましたが、これは大丈夫でした。私はかなり乾燥肌なのでしっとりとは言いませんが、他に比べて突っ張る感じがしません。普通の肌の人なら適度なしっとり感があるかな?と思います。口コミもそういう評価が多かったです。

ジェルクリームといったテクスチャー

ジェルという名前ですが、乳白色なのでやわらかでみずみずしいクリームって感じです。テクスチャーはやわらかく、スルスルとよく伸びます。べた付いた重さはないので、クリームタイプが苦手という人にも使いやすいと思います。
洗い流しはけっこう楽。洗い上がりはしっとりよりスベスベ感が強い気がします。

敏感肌・トラブル肌の人への注意点

使用感はけっこう優しめだと思いますが、上にも書きました通り、アルコール分に肌が負けるタイプの人は注意してください。あと、敏感肌の人で肌が荒れているときや、乾燥が激しいときに使うとちょっと厳しいかも…。基本はノーマルな肌状態向けで、敏感肌対応になっているわけではないので、肌状態が安定しているときに試すことをおススメします。

スポンサーリンク

『日本酒のメイク落とし』使用者の口コミ

『日本酒のメイク落とし』使用者の口コミ

ここからは、実際に使用した方の口コミを、口コミサイトや商品レビューから拾ってみました。良いものと悪いものの両方から傾向をさらにチェックしてみます(要約の形で抜粋しています。使用実感には個人差があるのでご了承ください)。

参考:@コスメ

洗い上がりの肌がスベスベ

「お酒のいい匂いがします~。さっぱりとした使い心地で洗い上がりの肌がスベスベします。メイクもちゃんと落ちたし突っ張りもありませんでした。ジェルがプルンとしてやわらかいのも気持ちいいです。ただ、容器もやわらかいので気をつけないとチューブから出過ぎます」(20代前半 混合肌)

「洗い上がりの肌がスベスベ」という感想はよく見られました。やっぱり日本酒の力でしょうか。含まれてい有機酸には古い角質をやわらげ、肌をスベスベに洗い上げる作用が期待されます。

肌に合わないという人でスベスベ肌を目指したいなら、米ぬかを使った系列のものもおススメです。米ぬかにも似たような作用があります。

ジェルのみずみずしさも同じく好印象のコメントがあがっています。ただ、容器もジェルもやわらかいので取り扱い注意です。

くすみが取れ白くツヤのある肌に

「テクスチャーがやわらかいので肌に負担を感じません。洗った後、肌のくすみが取れたみたい。白くツヤのあるお肌になるのが気に入ってます。大容量で値段も安くて嬉しいです。
少しお酒の香りがしますが気にならない程度です」(50代後半 普通肌)

同じく日本酒の力?と思わせるのが「くすみが取れた」などです。値段が安く大容量で、それが肌に合って効果も得られるなら嬉しいですよね。とくに、肌がしっかりして厚めの人や普通肌の人は良い効果が感じられやすそうです。

肌のトーンが明るくなった

「使って3日目。肌がすべすべ・ピカピカな感じがします。肌のトーンも明るくなったみたい。メイクは薄いので問題なく落ちます。とても気に入りましたが、どこにでも置いてあるわけじゃないのでそれが不便です」(30代前半 普通肌)

上と似たような感じですが、くすみが取れ、洗い上がりの肌がトーンアップしたというものはけっこう多いです。古い角質がたまりやすい人や、肌のゴワゴワ感が気になるときには良さそうです。

菊正宗の化粧水は小さなドラッグストアやスーパーにも置いてありますが、クレンジングはたしかにあまり見かけませんよね。そんなときはネット通販もチェックしてみてください。お店より安く買える場合もあります。

スポンサーリンク

毛穴の汚れが気にならなくなった

毛穴の汚れが気にならなくなった

「さくらんぼ大だと少し少ない気がしたので多めに使ってます。お酒の匂いは気になりますが…肌には合っていたみたいで肌がしっとりモチモチ。マッサージして使ってたら毛穴の汚れも気にならなくなりました。何だか色白に見える感じがします。正直匂いは苦手ですが、使用感はよかったのでリピートしたいです」(20代後半 混合肌)

肌をやわらげてくれる作用があるので、肌が硬くなって汚れがたまりやすい人には良さそうです。ディープクレンジングができるタイプではないので頑固な毛穴汚れならすぐにというわけにはいかないと思いますが、地道な毎日の使用には良い感じがします。

使いやすい

「急場しのぎのクレンジングのつもりでしたが、意外に良かったです。メイクは薄め、敏感肌・乾燥肌ですが普通に使えます。安くて大容量なので節約できて大助かり!お店ではあまり見かけないけど、見つけたら買いだめしたいかも」(30代前半 敏感肌)

安いしネームバリューもあるので、手持ちが無くなったときに、とりあえずで買ってみたっていうのもけっこうありました。急場しのぎで買ってみたけど意外に良かったときは嬉しいですよね。

化粧水とセットで

「今まではオイルだったのですが、ミルクかジェルに変えようと思って化粧水に合わせてこれを選びました。日常メイクはBBクリームとパウダーだけなので問題なく落ちてます。W洗顔いらないかもってくらい(一応洗顔してますが)。濡れた手で使えるのも便利です。匂いは化粧水と同じで慣れれば悪くない。安いしリピートしたいです」(20代後半 混合肌)

菊正宗の日本酒スキンケアシリーズが好きな人は、ぜひライン使いを試してみてください。

化粧は薄めの人限定になるかなとは思いますが…。メイクが薄いなら、オイルタイプより使い勝手がいいかもしれません。

メイクが落ちない

「匂いは好きで肌にも良さそうって思ったけど…メイクが落ちないです。乾いた状態で使ってみたり色々したけど落ちません。残念です」(20代前半 混合肌)

低い評価の口コミでは、「クレンジング力に不足」というものがありました。水性ジェルタイプということで、メイク状態によっては落ちにくいことがあるかと思います。

また、使用しているクレンジング成分が1種類なので、相性の悪いメイク用品というのもあるのではないかと思われます。「ウォータープルーフも落ちた」と書いてる人もいれば、「薄いメイクのはずなのに落ちない」と書いている人もいました。濃い・薄いだけでなく、相性というのもあるのではと思います。

乾燥と刺激を感じた

「冬に肌が荒れてオイルのものを使えなくなったので、これを購入しました。でも、私の肌にはまったく合わなかったみたい。乾燥してピリピリするし、メイクはちゃんと落ちたけど使えません」(20代前半 敏感肌)

これは冬の荒れ肌にはちょっと厳しそう…と思います。肌荒れをおこしているときには日本酒が高確率でしみそうだし、荒れて角質が薄くなってしまっているときに、角質をやわらげる性質のある製品は全体的に厳しいかと思います。

とくに初めて使うときは、肌状態が安定したときのお試しをおすすめします。また、元々角質の薄いデリケート肌の人も、刺激や突っ張りを感じることがあるかもしれません。

クレンジング後の『日本酒の洗顔料』もあります

このシリーズは、クレンジング後に洗顔料での洗顔がすすめられているW洗顔タイプです。同じラインには、『日本酒の洗顔料』があるので、併せてにそちらの特徴&口コミも少しご紹介します。

『日本酒の洗顔料』は、同様にコメ発酵液プラセンタアルブチンなどが配合されたチューブタイプの洗顔料です。泡立ちが良くきめ細やかな泡が立つのが特徴です。

口コミでもけっこう好評で、安くて大容量なので合う人にはコスパ良好。こちらも「肌のくすみが取れた」「トーンアップした」などが見られます。

ただ、クレンジングよりも「肌が乾燥する」「使用感はいいけど後が突っ張る」などがあり、乾燥肌、肌の薄い人、敏感肌の人にはちょっと使いにくいところもあるのかな?という印象です。特にダブル使いになると、強い乾燥肌やデリケート肌の人には厳しいかもしれないです。
その場合は、洗顔料は角質をやわらげる成分とかの入ったものを選ばず、敏感肌向けやアミノ酸系などのマイルドなタイプを使うことをおススメします。

『日本酒の洗顔料』の口コミ

「私の肌には合っているようで、気に入っています。大容量でコスパはいいし、キメ細やかな泡が立ってすっきり洗い上がりますが、肌が突っ張ることもありません。ただ、敏感肌・乾燥肌の家族が使うと乾燥して少し肌荒れしたようです。香りもあるので好みが分かれるかもしれません」(20代後半 混合肌)
「肌がトーンアップした感じがして悪くはなかったですが、後がかなり乾燥してしまいました」(30代後半 乾燥肌)

洗顔料の方が使用感に個人差が出やすいかもしれません。上手く合ってくれればコスパもいいし、くすみ対策もできそうで魅力的です。肌状態に合わせ、日本酒のスキンケアを楽しんでみてくださいね。

まとめ

菊正宗『日本酒のメイク落とし』は、みずみずしいジェルで、くすみ対策の期待もできそうです。

日本酒使用の特徴から肌質によっては合わない可能性もあり、メイクが濃い人には使いにくいところもあって相性は分かれそうですが、上手く合うならコスパ的にも魅力のクレンジングと思います。興味のある方は試してみてくださいね。

姉妹品の米と発酵のクレンジングバームも併せてチェック!

人気のクレンジング
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました