『シュウウエムラ』の人気クレンジング6選!「高いけどイイ」との口コミ多数!

『シュウウエムラ』の人気クレンジング6選!「高いけどイイ」との口コミ多数!

「シュウウエムラのクレンジングは、高いけどイイ!」という声をよく聞きます。たしかによく売れていて、種類が豊富。幅広いラインナップから選べるのも人気の理由ですよね。某コスメランキングでも1位を獲得している実力派コスメブランドです。

クレンジングは美肌の基本とも言われますが、上質なクレンジングを選ぶとそれだけで美肌力が上がるような気がします。

クレンジングにこだわって美肌力を上げたいなら、「一度は試してみたい」と思わせるシュウウエムラのクレンジング。多くのファンを持つその特徴や使用者の口コミ、製品ラインナップをまとめました。


シュウウエムラのクレンジングの特徴

シュウウエムラのクレンジングの特徴

多くのメイクアップ用品やスキンケア用品が揃うシュウウエムラ。中でもとくにクレンジングに強いブランドって印象があります。クレンジングだけで通常6~8種類程度のラインナップが揃い、その多くがオイルクレンジングです。

カラー別に分かれたスタイリッシュなボトルがズラリと並んでいるのを見ると、思わずテンションが上がります。色んなタイプがあるので、どれにしようと選ぶ楽しさもあります。

多くのファンを持つシュウウエムラのクレンジングですが、どんな特徴があるんでしょうか?

全タイプW洗顔不要

目的別に色々なタイプが揃うシュウウエムラのクレンジングオイルですが、すべてに共通した特徴は、W洗顔不要ということ。1本に洗顔の機能も持たせ、皮脂や細かな汚れにも対応しつつ洗い上がりがスッキリ。それでいて、潤いベールを残すという処方にこだわっているようです。

まつエクOKのタイプも

まつエクOKのタイプも

シュウウエムラのクレンジングオイルは、一般的なまつエクなら使用がOKの製品もあります。それも人気の秘訣ですよね。

タイプによってはまつエクに向かないものもありますが、アイメイクはポイントリムーバーで落とすという人も多いので、目的に応じて使い分けられるのが便利です。

高級だけど品質に納得する人が多い

シュウウエムラはメイクアップアーティストの植村秀さんのブランドです。メイクを美しく仕上げるためには、まず土台の肌に余分なものが残らず、クリアな状態であることがとても重要なんだそうです。

メイク汚れや酸化皮脂が残っていると、肌荒れや乾燥の原因になるだけでなく、せっかくのメイクの発色やノリも冴えなくなってしまいますもんね。シュウウエムラがクレンジングづくりに力を入れている理由がよくわかる気がします。

その分、価格を見ると思わず出るのは「高級品だなぁ」の言葉。だけど、実際に使ってみるとその使用感に納得する人が多いようです。

ベースのオイルには天然美容オイルがふんだんに使用され、オイルクレンジングでありながら皮脂を奪い過ぎず、洗い上がりがしっとりなだけでなくて、なんだかスベスベ…ツヤツヤと。

さすが、メイクアップアーティスト発のクレンジングという感じ…。メイクや汚れをしっかり落とすだけでなく、肌の質感やメイクのノリをアップするように考えられているんですね。


天然オイル使用のタイプは乾燥肌の人にも

最近は「オイルクレンジングは肌の負担が大きい」の流れもありますが、シュウウエムラのオイルクレンジングにはあいかわらずファンが多いです。メイク好きな人にはやっぱりオイルクレンジングが使いやすいですよね。

天然オイルが使われているとオイルクレンジングと言っても保湿性が高く、乾燥肌の人にも好評です。一方、天然オイルを控えて価格をお手頃にし、他の成分で保湿性をプラスしたタイプもあります。

シュウウエムラのオイルクレンジングの中でも一番の売れ筋は、天然オイルをぜいたくに使った『アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジングオイル』

後ほど詳しく紹介しますが、こちらは40代50代の人の愛用者も多くて、幅広い肌質…年齢に対応しているようです。

目的別に機能が充実

シュウウエムラのクレンジングオイルは、種類の多さも特徴です。オイル、ミルク、クリームと数種のクレンジングがあるブランドは多いですが、クレンジングオイルだけで6種類って…すごいですよね。

シンプルなメイク落としから、角質ケアや毛穴ケア、肌荒れ対策などもできる多機能タイプまで色々な製品があるので、自分の肌や目的に合ったクレンジングが選びやすいところもファンが多い理由のようです。

使い方が簡単

高級な製品は使用が面倒なアイテムもあったりしますが、シュウウエムラのクレンジングオイルの使い方はいたって簡単です。

顔全体にオイルをなじませた後、手をぬるま湯で少し濡らし、全体をくるくると優しくなでてオイルを乳化させます。

W洗顔不要のクレンジングオイルは、この乳化のステップが落ちを左右するので、これだけは意識して行った方がいいそうです。乳化で全体がメイクとなじんだら、あとはぬるま湯で洗い流すだけ。W洗顔は不要です。

摩擦を防ぐため、少し多めの量(3~4プッシュ)を使うと効果的…ということで、たしかにたっぷり使った方が洗い上がりの感触はいいです。ただ、コスパの問題もあるので、自分の肌を摩擦しないと感じる程度(2プッシュ程度が多い)に調整して使う人も多いようです。

朝のケアとしても使える

シュウウエムラでは、朝のクレンジングオイル利用もすすめています。ノーメイクのときの角栓や皮脂汚れ、古い角質のケアとしても。とくに皮脂が多く、ザラつきやゴワゴワが出やすい人は、朝に使うことで化粧ノリがアップするそうです。

ただ、乾燥肌…敏感肌…皮脂の不足やバリア機能の低下が気になる肌の人は、肌状態を見ながら使った方がいいかと思います。

『シュウウエムラ』の人気クレンジング6選!

それではここからは、シュウウエムラのクレンジングラインナップをひとつずつ紹介していきます。

『アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジングオイル』

シュウのクレンジングの中で一番のハイクラス、一番人気の定番製品。高級感のある香りととろみのテクスチャーで、幅広い年齢…肌質に対応した天然オイルベースのオイルクレンジングです。

『アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジングオイル』はこんな人におすすめ!

  • クレンジングは上質な製品を選びたい
  • 乾燥が気になるけどオイルクレンジングがいい
  • 天然オイルのクレンジングに魅力を感じる
  • 毛穴汚れが気になる
  • くすみが気になる
  • エイジングケアに関心がある
  • W洗顔不要
  • 一般的なまつエクOK
  • 150ml…4,200円(税抜)(約1ヶ月分※使用量によります)
  • 450ml…11,500円(税抜)(約3ヶ月分※使用量によります)

シュウウエムラのクレンジングの中で一番人気、天然オイルたっぷりのぜいたくなクレンジングオイルです。洗浄力の高いオイルでありながら天然由来の優れたエモリエント性も持ち、乾燥の気になる肌も優しくなめらかに洗い上げます。

メインで使われているトウモロコシ胚芽油は、トウモロコシ種子の栄養が詰まった胚芽(はいが)の部分から摂れ、抗酸化力が高いオイル。コメヌカ油によく似た性質があり、古い角質や酸化した皮脂も同時に落としつつ、肌をやわらかにします。

また、同じく抗酸化力や保湿性に優れたサフラワー油、メドゥフォーム油、天然の皮脂に近い働きを持つオリーブスクワラン、ホホバ種子油、ツバキ種子油、保護力の高いシアバターも配合されています。

天然オイルベースのクレンジングオイルは、美肌力が高いです。オイルのわりには皮脂を奪い過ぎず、肌をやわらげるエモリエント効果も持ちます。とくに抗酸化力の高いオイルは肌に刺激を与えず、毛穴詰まりなどの原因にもなりにくいです。年齢の気になる肌や乾燥肌、混合肌、脂性肌まで幅広い肌質に対応します。

天然オイルは肌に優しい分だけクレンジング力はやや穏やかになってしまうので、こちらのクレンジング剤には2種の植物由来エステルオイルもブレンドされています。ですので、しっかりメイク派の方にも満足のいくクレンジング力ではないかと思われます。

1つ難点は、高い…。天然オイルを豊富に使ったオイルクレンジングは全体的に高級品です。さすがシュウウエムラって感じですが、それでも売れ続けるということは、価格に匹敵する効果を感じている人が多い証拠かもしれません。


『アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジングオイル』使用者の口コミ

『アルティム8∞ スブリム ビューティクレンジングオイル』使用者の口コミ

(※口コミは商品レビューを参考にしていますが、使用感には個人差がありますのでご了承ください)

毛穴の黒ずみが!
「美容雑誌のランキングで1位だったので購入しました。これまで気になっていたお風呂上がりの乾燥と毛穴の黒ずみが無くなりました!高いだけのことはありますね。手放せなくなりそうです」(30代 普通肌)
洗い上がりはしっとり…スベスベ
「発売当初からずっと愛用しています。落ちにくいアイラインも綺麗にスルっと落とせます。毛穴汚れもまったく気になりません。洗い上がりはしっとり…スベスベで気持ちいいです」(50代 乾燥肌)

『ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンストクラシック』

シュウウエムラの中では一番お手頃で、シンプルなつくりのクレンジングオイルです。サラッとしたオイルですが高い洗浄力を持ち、ウォータープルーフのアイテムにも十分に対応。気になる角栓汚れにも。

洗浄力が高い分、保湿性を高めるように調整してあります。コスパを重視したい人にも人気です。

『ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンストクラシック』はこんな人におすすめ!

  • コスパも重視したい
  • オイルクレンジングが好き
  • クレンジング力の高さを求める
  • しっかりメイクが多い
  • 保湿力もある方がいい
  • W洗顔不要
  • 150ml…2,900円(税抜)(約1ヶ月分※使用量によります)
  • 450ml…7,700円(税抜)(約3ヶ月分※使用量によります)

コスパやサラッとしたクレンジング力を求める方にはこちらが人気。シュウウエムラのラインナップの中では一番お手頃なタイプです。

ベースのオイルはミネラルオイル。オイルの中でもっともクレンジング力に優れます。天然オイルに比べクセが無く、サラッとした使用感が特徴です。

一般的に、ミネラルオイルは皮脂を奪う力が高いため、乾燥肌には向かないと言われます。けれど、こちらのクレンジングオイルの口コミでは、「ドライ肌だけどしっとりした洗い上がり」などの書き込みも見られます。

その秘訣は、ミネラルオイルだけをベースにせず、エモリエント効果の高い天然オイルや、エステルオイルも混合されていること。

一番上質なタイプで使用されているトウモロコシ胚芽油、ホホバオイル、スクワランや、保護性の高いマカダミアナッツ油などが同時配合されています。

ミネラルオイルは元々クレンジングオイルの定番でしたが、脱脂力の高さが目立つのでだんだん主流から遠のき…とはいえ、クレンジングの働きには非常に優れ、また、ベビーオイルの主成分になっていることでも分かるように、クセの無さと安全性は高いオイルです。

『ハイパフォーマンス クレンジングオイル』はそんなミネラルオイルの良さを生かし、脱脂性の難点を他のオイルの混合によってカバー。クレンジングオイルらしさが魅力です。

ただ、乾燥がかなり強い敏感肌の方、バリア機能が弱い方などには少し乾燥を感じるかもしれません。
あと、ミネラルオイルベースということで、まつエクには使用しない方が良いと思われます。

『ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンストクラシック』使用者の口コミ

『ハイパフォーマンス クレンジングオイル アドバンストクラシック』使用者の口コミ

すっきりでモチモチ肌
「このオイルはすっきりと汚れが落ちてくれます。なのに、洗い上がりが突っ張らずモチモチとします。不要なものがちゃんと落ち、水分と皮脂のバランスが良くなる感じがします」(20代 混合肌)
しっとり感が大好き
「オイルクレンジングを色々と試してきましたが、このオイルが一番のお気に入りです。乾燥肌ですが洗い上がりに突っ張ることがなく、しっとり感が大好き。クレンジング力は高くて、ウォータープルーフのマスカラもこれ1本で落とせます」(40代 乾燥肌)

『A/O+P.M.クリアユースラディアント クレンジングオイル』

2016年下半期ベストコスメ受賞の製品。

天然オイルをベースに、古い角質…大気中のミクロのほこり、酸化物質などに対応する植物成分が付加されたタイプです。透明感のあるスベスベ肌を目指したいときに。

『A/O+P.M.クリアユースラディアント クレンジングオイル』はこんな人におすすめ!

  • くすみやザラつきが気になる
  • 毛穴汚れが気になる
  • 透明感のある肌を目指したい
  • クリアな洗い上がりを求めたい
  • 天然オイルベースのクレンジングがいい
  • クレンジング力の高さと保湿性両方重視したい
  • W洗顔不要
  • 一般的なまつエクOK
  • 150ml…3,700円(税抜)(約1ヶ月分※使用量によります)
  • 450ml…9,600円(税抜)(約3ヶ月分※使用量によります)

ベースのオイルはトウモロコシ胚芽油で、角栓汚れなどに強いエステルオイルがミックスされています。

天然オイルのエモリエント性や抗酸化力と、エステルオイルのクレンジング力が合わさり、高いクレンジング力と適度な保湿性を兼ね備えた仕上がりになっています。

テクスチャーにはやや厚みがあり、ジェルオイルのような感じ。肌に摩擦を与えず、ミクロの汚れを絡めて落とす力に優れます。

また、肌にたまった古い角質をやわらげる青パパイヤ酵素、大気中のストレス物質を浄化するモリンガエキス、抗酸化力の高い緑茶エキスなどがプラスされ、くすみやザラつきの無いクリアな肌を目指すタイプになっています。

香りも天然アロマ由来。こちらのタイプのテーマは「自然の力」で、グリーンのボトルが目印です。

洗い上がりの肌はサッパリ…しっとり…すべすべ。角質のたまりやすい人、肌のザラつきやくすみが気になる人、皮脂汚れが多い人、クリアな洗い上がりを求める人に人気があります。

ただ、角質の薄い人や乾燥性敏感肌の人には少し刺激になりやすい可能性があるので、注意した方がいいかもしれません。


『A/O+P.M.クリアユースラディアント クレンジングオイル』使用者の口コミ

『A/O+P.M.クリアユースラディアント クレンジングオイル』使用者の口コミ

洗い上がりがすごくいい
「職場の空気があまり良くなくて、こちらは環境汚れも落とせるということで選びました。洗い上がりがすごくいいです!W洗顔もいらないし優秀。リピートします」(20代 混合肌)
香りも◎
「シュウのクレンジングの中ではこれが一番のお気に入り。香りが甘すぎない柑橘系で爽やかです。けっこうとろみがありますが、洗い流した後はすっきり。すべすべしながらしっとりと潤った感じがします。香り、テクスチャー、洗い上がりとすべて好みです」(30代 混合肌)

『ブランクロマ ブライト&ポリッシュ クレンジングオイル』

オイルクレンジングと天然クレイの吸着力の複合型。肌の色ムラの原因をしっかりと落とし、植物由来の美白成分をプラス。クリアな素肌を目指します。ディープクレンジングがしたい方に好評のタイプです。

『ブランクロマ ブライト&ポリッシュ クレンジングオイル』はこんな人におすすめ!

  • 汚れをしっかり落としたい
  • 肌の色ムラやくすみが気になる
  • 毛穴汚れが気になる
  • 濃いメイクをすることが多い
  • ディープクレンジングがしたい
  • 夏場や皮脂の多い時期に
  • W洗顔不要
  • 150ml…3,700円(税抜)(約1ヶ月分※使用量によります)
  • 450ml…9,600円(税抜)(約3ヶ月分※使用量によります)

クレンジング力に優れるミネラルオイルをベースにエステルオイルをミックスし、幅広い汚れに対応できる高い洗浄力が特徴のタイプです。さらに、毛穴や細かな部分の汚れを吸着する天然クレイがプラスされ、ディープクレンジングが行えます。

古いメラニンや酸化皮脂を落とす働きもあるので、とくに夏場には人気が高いようです。何となく透明感が無くなってきた?と感じたときに使うと良さそうですね。

クレンジング力自体もかなりしっかりしているので、落としにくいメイク用品をたくさん使っている人にも◎。

植物性の美白成分フェニルエチルレゾルシノールや、オリーブ葉エキス、ボルド葉エキスなども配合され、名前の通りブライトな肌を目指したい人向けです。

ただ、ミネラルオイルベースということで、まつエクへの使用には向きません。

『ブランクロマ ブライト&ポリッシュ クレンジングオイル』使用者の口コミ

『ブランクロマ ブライト&ポリッシュ クレンジングオイル』使用者の口コミ

毛穴も目立ちにくく
「他のも試しましたが、私にはこれが一番合っているみたいです。肌色が明るくなり、毛穴が目立ちにくくなりました。肌が弱い方ですがとくに問題はありません。香りも気に入っています」(20代 乾燥肌)
肌に透明感
「くすみがスッキリ落ちるような感じがします。肌に透明感が出てきました」(40代 混合肌)

『フレッシュ シャインクリア クレンジングオイル』

オイル感が少なくサラッとした伸びの良いテクスチャー。植物由来のエステルオイルベースで、乾燥を抑えつつサッパリとした洗い上がりのタイプです。

ピンク色のボトルは配合美容成分のサクラエキスをイメージしたもの。エイジングケアの効果も期待されています。

『フレッシュ シャインクリア クレンジングオイル』はこんな人におすすめ!

  • サッパリした洗い上がりがいい
  • 皮脂のテカリが気になる
  • 毛穴汚れが気になる
  • 植物性の成分にこだわりたい
  • 濡れた手で使えるオイルがいい
  • エイジングケアに興味がある
  • W洗顔不要
  • 一般的なまつエクOK
  • 150ml…2,900円(税抜)(約1ヶ月分※使用量によります)
  • 450ml…7,700円(税抜)(約3ヶ月分※使用量によります)

こちらのベースは植物由来のエステルオイルですが、オイル感が少なくサラッとしたテクスチャーが人気のタイプです。メイクを落とすのはもちろん、皮脂汚れに強い性質なのでテカリが気になる人に好評のようです。

その分乾燥が不安なところですが、使用しているベースオイルが比較的保湿性の高いタイプであることと、ホホバ油やスクワランなどのエモリエント性オイルが混合されていることで乾燥を抑える仕組みになっています。

こちらのタイプは、使用感の前にピンクのボトルに惹かれて購入…という人もけっこういます。そして使ってみると使用感も良かった!のような口コミも見られます。

ピンクのボトルイメージは、スミノミザクラエキスやソメイヨシノ葉エキスなど、エイジングケアに効果が期待されている桜関係のエキスが配合されていることから。

新バージョンでは、『フレッシュクリア サクラ クレンジングオイル』と名前が変わり、サクラフレーバーが強化されています。

『フレッシュ シャインクリア クレンジングオイル』使用者の口コミ

『フレッシュ シャインクリア クレンジングオイル』使用者の口コミ

肌のざらつきが気にならなくなった
「友人にすすめられて購入しましたが、クレンジング次第でずいぶん違うものですね。これまで悩んでいた肌のざらつきが全然気にならなくなりました。メイクもしっかり落ちるのに肌はやわらかな洗い上がりです。気に入っています」(30代 脂性肌)
サラサラでスッキリ
「オイルだけどサラサラしているテクスチャーが好きです。これを使っていると肌が柔らかくなるみたい。今は一番のお気に入りです」(20代 混合肌)

『クレンジングビューティオイル プレミアムA/I』

肌荒れを抑える薬用成分配合のクレンジングオイル。オイルと言っても水がベースになり、油分が控えられつつ、とろみがしっかりしているジェルオイルタイプです。

肌当たりがやわらかく、肌荒れのしやすいお肌を優しくしっとりと洗い上げます。

『クレンジングビューティオイル プレミアムA/I』はこんな人におすすめ!

  • 肌荒れしやすい
  • 乾燥しやすい
  • しっかりとしたクレンジングオイルが苦手
  • べたつかずしっとりと洗い上げたい
  • W洗顔不要
  • 一般的なまつエクOK
  • 150ml…3,400円(税抜)(約1ヶ月分※使用量によります)
  • 450ml…9,000円(税抜)(約3ヶ月分※使用量によります)

こちらは薬用タイプです。薬草(カンゾウ)由来のグリチルレチン酸ステアリルが配合されています。カンゾウには、肌荒れや炎症をしずめる働きがあります。一応クレンジングオイルですが、ベースに水が入ってジェルオイルの仕上がりになっているので、オイルの刺激に弱い人にも使いやすいタイプです。

オイルはアボカドオイル、サフラワー油、ホホバオイルなど、肌になじみがよく優しい系列のオイルが使用されています。その分、他のクレンジングオイルと比べるとクレンジング力はややマイルドですが、それでもメイク落ちに関しては口コミの評価は悪くないようです。

ただ、毛穴汚れなどに関しては他のタイプの方が好評な感じで、両方を使い分けたり、ローテーションで使ったりという人が多いみたいですね。

このタイプは現在在庫販売のみの扱いになっていて、敏感肌向けは他の製品にシフトするようですが、「販売継続してほしい…」の声がけっこう見られます。

『クレンジングビューティオイル プレミアムA/I』使用者の口コミ

『クレンジングビューティオイル プレミアムA/I』使用者の口コミ

肌荒れが気になる時期に
「肌荒れが気になる時期になるとこちらを使います。敏感肌の私には一番合っていると思いますが、肌が落ち着いてくると他に浮気したくなる(笑)。でも、結局最後はここに戻ってきています」(40代 敏感肌)
吹き出物ができにくい
「これを使っていると吹き出物ができにくいです。メイクも普段のメイクなら問題なくサッパリと落ちます。でも、毛穴の汚れには他の方が強い気がするので、ローテーションしながら使ってます」(20代 脂性肌)

シュウウエムラのクレンジングまとめ

シュウウエムラのクレンジングは、幅広いラインナップのクレンジングオイルが人気です。

クレンジング力の高さと美肌力を合わせ持ち、「クレンジングオイルなら絶対シュウウエムラ」という人も多いようです。

スタイリッシュなカラー別のボトルも魅力的。色んなタイプがあるので、自分に合ったクレンジングを探してみてください。人気6アイテムをまとめておきます。

 

クレンジング選びはこちらの記事もチェック!
人気のクレンジング
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました