毛穴ケアと肌冷え対策にイイ!スキンビル『ホットクレンジングジェル』の口コミ多数!

毛穴ケアと肌冷え対策にイイ!スキンビル『ホットクレンジングジェル』の口コミ多数!

皮脂が出にくくなる秋口からは、毛穴ケアに最適な季節と言われます。夏場にたまった汚れや角栓をしっかりと落とせば、キュッと閉じた綺麗な毛穴が叶うかも?そんなときに選んでみたいのは、肌寒さや乾燥で縮こまりがちな毛穴と肌をじんわりと開いてくれるホットクレンジングです。

ホットクレンジングにもたくさんの種類がありますが、スキンビル『ホットクレンジングジェル』は、やや弾力のあるミネラル配合吸着ジェルが特徴。適度なクッション性のあるジェルが毛穴と肌を包み込み、汚れをしっかりと絡め取ります。

この記事では、スキンビル『ホットクレンジングジェル』の公式サイトには書かれていない特徴・効果・成分・使用法や注意点・口コミ評判などをまとめています。ホットクレンジング選び中の人や毛穴ケアがしたい人はチェックしてみてくださいね!

スキンビル『ホットクレンジングジェル』の特徴

ミネラル配合の弾力ジェルが毛穴汚れを吸着

この製品の特徴は、ミネラル配合の弾力ジェル。ジェルの中には吸着性のあるミネラルパウダーが入り、厚みを保ったジェルが毛穴や肌を包み込むようにして汚れを絡め取っていきます。

配合されているミネラルパウダーは、ヒドロキシアパタイト(ハイドロキシアパタイト)です。ヒドロキシアパタイトと言えば…人気美白歯磨き粉のアパガードの成分としてもおなじみ。元は歯や骨の主成分となるミネラル分です。イオンの力によって吸着性や密着性を高める働きがあります。

そんなヒドロキシアパタイト配合の弾力ジェルが、温感でじんわりと開いた毛穴や肌を包み込み、適度なクッション性によるマッサージ効果とともに汚れをオフ。肌に刺激を与えず、優しい使い心地で効果的に汚れを除去します。

じんわりとした温感が気持ちいい

口コミを見るとじんわりとした温感を感じやすいというコメントが多いようです。ホットクレンジングはその名の通り、温かなジェルで心地の良いクレンジングができるものです。肌にのせると熱を発する成分が配合されています。そのメリットは、肌や毛穴がゆるむので汚れが落ちやすくなること、肌のめぐりがよくなること、リラックス効果があること。

温感ケアをより本格的にしたいなら、クレンジング前に適温の蒸しタオルを1分くらい肌にのせたり、温熱スチーマー美顔器を使ったりの方法も効果的。でも、なかなかそこまでの手間は取れないというときはホットクレンジングが手軽で便利ですよね。

普通のジェルはそのまま使うとヒンヤリとした質感になり、肌寒い季節には肌や毛穴がキュッと縮こまってしまうことも。そんなとき、ホットクレンジングは嬉しい使い心地です。

夏場にはついつい肌も冷やしたくなりますが、冷房の影響などで意外と深部の温度は冷え、秋口になった頃の乾燥やむくみ、くすみなどの原因になることもあるそうです。毛穴ケア目的だけでなく、冷え肌対策としても温かなジェルに変えてみるといいかもしれないですね。

この製品で温感のために配合されている成分は、保湿成分としておなじみのグリセリン。グリセリンは多量に使うと水分を吸収したときに熱を発する作用があり、その特徴を利用しています。

低刺激性のクレンジング成分使用

低刺激性のクレンジング成分使用

スキンビルの『ホットクレンジングジェル』は、クレンジング力をオイルに頼らない水性ジェルです。(※エモリエント成分として少量の油分は含まれます)。水性ジェルのクレンジング成分は、メイクや皮脂汚れなど油性の汚れと水をなじます界面活性剤が中心になります。

界面活性剤には非常に多くの種類がある中、こちらで使われているのはイソステアリン酸PEG-20グリセリルトリイソステアリン酸PEG-20グリセリルの2種。どちらもヤシ油などの高級脂肪酸とグリセリンが結合した形で、油分に対して優れた溶解力を持ちながら皮脂を奪い過ぎず、低刺激性の界面活性剤と評価されています。乳化剤として保湿乳液やクリームにも使用されます。

肌荒れ予防成分配合

こちらのジェルは成分表示のわりと上の方にグリチルレチン酸ステアリルの文字が。グリチルレチン酸ステアリルは抗炎症作用を持つ甘草由来の成分で、肌荒れの予防に効果があります。同じ甘草誘導体のグリチルリチン酸2K以上の力とされ、水性になじみの良いグリチルリチン酸2Kと異なり油性になじみが良いのが特徴です。

植物性美容成分が20種類

温感成分・クレンジング成分などを除くと、あとは植物性の美容成分がズラッと並びます。

その中でも注目の成分としては、アルテロモナス発酵エキスがあります。過酷な環境に存在するアルテロモナスマクレオディ菌から産生されるものを抽出したエキスで、高いバリア力のある糖質を含みます。紫外線や大気の有害物質から肌を守ったり、肌を健やかに整えたりする働きが期待されています。

それ以外には、毛穴ケアの成分としてよく使用されるハマメリス葉エキスやアーチチョーク葉エキス(引き締め)、イワベンケイ根エキス・ウチワサボテンエキス(高保湿)、古い角質をやわらげる働きのあるフルーツ酸などが配合されています。

全成分と簡単な特徴は下にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

爽やかな柑橘系の香り&限定パッケージも人気

香りはオレンジ油由来の爽やかな柑橘系です。温感・弾力のあるジェル・マッサージ・爽やかな香り・オレンジがかったクリアジェルで、五感に心地の良い刺激を与える工夫がされたクレンジングになっています。

香りは春になるとサクラとか、季節によって限定の香りが登場するときも。パッケージもプーさんの顔になったりピグレットの顔になったり、2匹の可愛いイラストになったりとバージョン違いが出てくるので、見てるだけでも楽しい気分にさせてくれます。

8つの無添加

この製品は、パラベン、フェノキシエタノール、エタノール、合成香料、タール系色素、鉱物油、シリコン、紫外線吸収剤が不使用になっています。

紫外線吸収剤が含まれているクレンジングは存在しない気もしますが…とにかく添加物と鉱物系成分はできる限り使わない処方になっているようです。

香料には天然由来のオレンジ油、色素には食品由来のカラメルが使用されています。

スポンサーリンク

スキンビル『ホットクレンジングジェル』の全成分

スキンビル『ホットクレンジングジェル』の全成分

使用されている全成分と、特徴を簡単に説明していきます。

グリセリン…温感成分として多目に配合されています。

DPG…PGの刺激性を低めたもので、安全性の高い保湿成分として幅広く使用されています。

イソステアリン酸PEG-20グリセリル/トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル…ヤシ油などから得られる高級脂肪酸をとグリセリンが結合した低刺激性の界面活性剤です。ジェルのクレンジング力の要です。

アロエベラ液汁…肌の保湿、収れん、細胞修復などの作用があるアロエベラから絞ったものです。

グリチルレチン酸ステアリル…抗炎症作用のある薬草の甘草由来の成分で、グリチルリチン酸2kより強い働きを持ちます

(ベヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリル…エモリエント剤や乳化剤として使われます。

カラメル…食品由来の天然色素です

アルテロモナス発酵エキス…上でご紹介した深海の岩につく微生物由来の成分です。強力なバリア保湿力やダメージ対抗力を発揮します。

ヒドロキシアパタイト…歯や骨の主成分になっているミネラルで、ジェルを汚れに付きやすくする手助けをします。

イワベンケイ根エキス…優れた抗酸化力を持つ高山植物の岩弁慶から得られるエキスです。肌ストレスを緩和する働きが期待されています。

オプンティアストレプタカンサエキス…優れた保湿力を持つウチワサボテンから得られたエキスです。

ハマメリス葉エキス…ハマメリスは引き締め作用のある植物の代表です。

ツボクサエキス…タイガーハーブとも呼ばれ、虎がケガをしたときに皮膚へこすりつけることから、抗炎症やコラーゲン合成の作用が注目されています。

イタドリ根エキス…近年の研究で美白効果が着目された成分です。

オウゴン根エキス…オウゴンの根はフラボノイド類や天然のステロイド類などが含まれ、収れん・抗菌・抗アレルギーなど様々な働きのある薬効の高い植物です。

ソメイヨシノ葉エキス…桜の葉に由来したエキスです。肌に潤いを与えます。

ローヤルゼリーエキス…女王蜂専用の贅沢な栄養分を持つローヤルゼリー。アミノ酸やミネラルが豊富です。

カンゾウ根エキス…漢方生薬の原料として使われるカンゾウの根に由来します。肌荒れを抑える作用や引き締め作用があります。

チャ葉エキス…日本茶の葉にはビタミンCが豊富。ポリフェノールや引き締め作用のあるタンニンも含まれます。

ホウセンカエキス…ホウセンカには抗アレルギー性やかゆみに対する作用が確認され、美白作用のあるインパチエニノールなども含みます。

カミツレ花エキス…カモミール由来のエキスで、肌の修復・保護・美白などの働きが注目されています。

ローズマリー葉エキス…肌荒れ予防・抗菌・潤いなど幅広い用途で用いられる代表ハーブのローズマリーに由来します。

クリサンテルムインジクムエキス…生命力の高い高山植物に由来し、クリサンテリンという特殊なサポニンや希少なポリフェノール類を持ちます。

アーチチョーク葉エキス…毛穴ケア成分の代表植物成分。保湿と引き締めの作用があります。

レモン果汁/オレンジ果汁/ライム果汁/ナツメ果実エキス/サンザシエキス/リンゴ果実エキス/グレープフルーツ果実エキス…フルーツの果汁には古い角質をやわらげる働きがあります。

ハチミツ…天然の保湿性を持ちます。

セラミド3…ヒト型セラミドの1種です。肌の角質層の潤いを維持します。

ヒアルロン酸Na…保水力の高い定番保湿成分です。

加水分解コラーゲン…肌の潤いに重要なタンパク質のコラーゲンの分子を小さくしたものです。

オリーブ果実油…エモリエント性の高い天然オイルです。

オレンジ油…香りづけに使われています。

カルボマー…安定性に優れた増粘剤の代表です。

酢酸トコフェロール、トコフェロール…ビタミンEです。抗酸化力で製品の劣化を防止します。

BG、PG、ペンチレングリコール、水、水酸化Na…植物エキスを溶解するためなど、ごく微量に使用されています。

スキンビル『ホットクレンジングジェル』の使用にあたって

スキンビル『ホットクレンジングジェル』の使用にあたって

まつエクOK

このジェルは一般的なまつエクには使用OKです。ただ、クレンジング力がすごく高いわけではないので、ウォータープルーフのマスカラとかを使っていたら落ちにくさを感じる可能性も。そのときは専用のアイリムーバーでサッと落としてしまう方が負担は少ないと思います。

まつエクに限らず、ホットクレンジングを長く目元にのせているのは負担です。目元は最後に回し、マッサージもなるべく短い時間で済ませることをお勧めします。

W洗顔不要

水でスッキリと洗い流しやすい水性のジェルになっています。オイル系クレンジングのように油膜の残留はなく、洗顔の機能を合わせ持っているのでW洗顔は不要になっています。

乾いた手・顔で使う

使用の際は乾いた手・顔に使うタイプです。やや弾力のあるテクスチャーなので、先に少し手でなじませてから顔に伸ばしましょう。

具体的な使用法

具体的な使用法

乾いた手の平に適量をのせ、手の平で少しなじませる

やや弾力のあるジェルなので、直接顔にのせると伸ばしづらさを感じるかもしれません。とくに寒い季節は手の体温でジェルをなじませるようにしてから顔にのせるようにすると使いやすくなります。

適量の目安はマスカット粒大ですが、なじませやすい量はメイク状態や温度によっても違います。最初は少量から始め、足していくような感じで増やしていくと適量がつかみやすくなると思います。

皮脂の多い部分からジェルをのせ、内側→外側に向かって指先で優しくクルクルとなじませる

小鼻やひたいやアゴなど、皮脂の汚れが気になる部分を中心に、あとは全体にサッとなじませていきます。肌を摩擦しない程度の圧を意識しましょう。ホットクレンジングということで少し長めにマッサージをしたくなるところですが、やり過ぎは肌の負担になります。30秒~1分程度がトータルの目安です。

水~ぬるま湯でしっかりとすすぐ

ジェルは水で洗い流すときにメイクや汚れが落ちていきます。ジェルに水がなじむように意識して流しましょう。ザラつきの気になる小鼻やアゴは指で水をクルクルとなじませるようにすると角栓が落ちやすくなります。体温以上のお湯を使うと乾燥の原因になるため、水~35℃以下のぬるま湯がお勧めです。

使用後は汚れ落ちを確認して保湿ケアをする

ホットクレンジング後は肌や毛穴がやわらぎ汚れが取れ、化粧水の浸透もしやすい状態になっています。できればすぐに美容液や化粧水を使い、水分や美容成分を肌に送ってあげましょう

ただ、ジェルクレンジングは使用のコツをつかむまでメイクが落としきれていないこともあるので、最初は化粧水をなじませたコットンで肌を優しくふいて汚れ落ちを確認してみるといいと思います。落ちていないときは、その部分を意識してなじませてみたり、量を増やしてみたりと調整してください。

クレンジングとか歯磨きとかって人それぞれ動かし方に癖があって、どうしても同じ部分に汚れが残りやすく、そこにトラブルが集中するときも多いそうです。ゴシゴシするのはNGですが、汚れの残りやすい部分に意識を集中させて、丁寧に指を動かすだけでも落ち方が変わると思います。

ジェルの場合は水で洗い流すときにメイクや汚れが落ちるので、なじませている段階ではちゃんと落とせるのかどうかがイマイチわかりにくいことが。長時間クルクルとしても落ちないときは落ちないので、全体で1分を目安にやってみて、落ちていないときは量や指の動かし方を調整してみて、それでも落ちていないならメイクに対して商品のクレンジング成分が合っていない可能性があります。

そのときは残念ですが、他のクレンジングに変えることをお勧めします。

温感が物足りないとき

グリセリンの温熱作用は周囲の湿気や温度によって変わります。寒く乾燥した季節には温感が出にくいことがありますが、そのときはお風呂場など適度な温度と蒸気のある場所で使うとしっかりとした温感が感じやすくなります。

スポンサーリンク

使用の注意点

使用の注意点

ホットクレンジングの温熱感は肌質や体調によって変化することも

口コミでは温熱は適度というものが多く使いやすそうですが、温熱感は部屋の湿度や気温の他に、肌質や体調によっても感じ方が変化することがあります。万が一熱すぎて感じるようなときは使用を控えましょう。

肌に炎症やトラブルがあるときは使わない

ホットクレンジングは炎症やトラブルのおこっている肌には刺激になりやすいです。とくに炎症のあるとき(赤ニキビや腫れなど)には使用しないようにしましょう。

肌状態に合わせて使用頻度を調整する

ホットクレンジングはとても気持ちがいいのですが、肌の弱い人は毎日だと負担に感じることがあるかもしれません。肌状態を見ながら心地良い範囲での使用をお勧めします。

また、ノーメイクのときに使用するという口コミやブログもありますが、比較的肌の丈夫な人や皮脂の多い人向けの使い方かなと思います。肌の弱い人や皮脂の少ない人は止めておいた方が安心かもしれません。

スキンビル『ホットクレンジング』の口コミ評判まとめ

スキンビル『ホットクレンジング』の口コミ評判

製品の口コミでの評判を見ると、メイク落ちや毛穴汚れ落ちが劇的にいいというわけではなさそうですが、普段のメイクなら落ち、肌が突っ張らず、毛穴もだんだん綺麗に…のような口コミは多いです。

良い評価の口コミでは、

  • 温感が感じやすくて気持ちがいい
  • 肌が突っ張らない
  • 毛穴がだんだん綺麗になってきた
  • 肌の調子がいい
  • 価格が手ごろ

などがあります。

その分、低い評価の口コミでは、

  • クレンジング力が不足
  • 毛穴への効果が感じられない

などのコメントがあります。

濃いメイクをこれ1本で落としたい人や、毛穴への即効性を求める人には少しマイルドかもしれません。ウォータープルーフのアイメイクには専用リムーバー使用がお勧めです。強い効果より、日常使いしやすいホットクレンジングを求める人向けかな?という印象です。

それから、「伸ばしにくい」の口コミも。弾力性のある吸着ジェルが製品の特徴で、スルスル伸びるようなテクスチャーではないので、最初に手の平で少しクルクルとジェルをやわらげてから顔にのせることをお勧めします。室温や肌が温まっているとさらに伸ばしやすくなるかなと思います。

スキンビル使用者の口コミ

使用者の口コミ

こちらでは、口コミサイトや商品レビューから具体的な口コミを要約引用してみました。

鼻がツルツルになって黒ずみが減った

「最初乾いた手で少し小鼻をクルクルした後、水をつけた指でさらにクルクルとすると角栓が落ちて鼻がツルツルになりました。黒ずみは減ったし肌の調子もいいです。メイクも普段薄いので問題なく落ちています。W洗顔をすると肌が荒れやすいのでW洗顔不要なのも嬉しいポイントです」(20代後半 混合肌)

毛穴への効果は劇的!とはいかない感じですが、地道に使っていると効果を感じたという口コミは見られます。ジェルの場合は長時間クルクルとするより、この口コミのような使い方が効果的と思います。

使いやすくてお気に入り

「ホットクレンジングのわりには値段が手ごろで気に入ってます。メイクは薄めで十分落ちるし肌が突っ張らない♪毛穴も目立たなくなったかな。何より使用感が好きで、リピートしてます」(30代前半 普通肌)

クレンジング力はすごく高いわけではなさそうですが、濃くなければ落とせると書いた口コミが多いです。クレンジング力がマイルドな分だけ肌当たりが優しく、日常に使いやすいジェルという感じです。

温感が感じやすい

「温感がすぐに感じられて気持ちいいです。以前使っていたホットクレンジングよりポカポカする気がします。メイク落ちはマイルドかな。アイメイクさえリムーバーで落としておけば大丈夫なので私には問題ありません。洗い上がりの突っ張りもなく使いやすいホットジェルです」(20代後半 混合肌)

温感が感じやすいと書いた口コミも多いです。温感の出方は使用環境や肌質によっても変わりますが、商品差もありますよね。

スポンサーリンク

洗い上がりの肌に透明感

「温かで肌がじんわ~りと開く感じが心地いいです。薄いメイクのときでマッサージしたいとき用に使いますが、洗い上がりの肌がスベスベして透明感があるみたいです」(20代前半 混合肌)

クレンジング効果によるくすみ除去以外に、温熱効果やマッサージ効果による肌色アップの効果も期待されます。顔色が冴えないときに試してみるのも良さそうですね。

潤いが逃げない感じ

「メイクを落としつつ潤いが逃げない感じで、使用感が好きです。普段はオイルを使ったりもするのですが、温感が欲しいときや乾燥が気になるときにはこちらを使っています。オイルだけだったときより肌の調子はいいみたいです」(40代前半 乾燥肌)

オイルクレンジングとは全く使用感の違うジェルクレンジング。メイクや毛穴汚れを溶かし浮かせる力はオイルが強いですが、吸着ジェルはそれとはまた違ったアプローチをします。肌状態や気分に合わせて使い分けるのも良さそうです。

まとめ

吸着ミネラル配合の弾力ジェルで心地の良い温感クレンジング。街中の大きな看板で気になっている人も多いのではないでしょうか?マイルドな毛穴ケアや秋冬の肌冷え対策に、興味のある方はチェックしてみてくださいね♪

併せてこちらもチェック!

人気のクレンジング
クレンジング人気ランキングTOP7!洗浄力・使用感・コスパなどの口コミも参考にして決定!

クレンジングは種類も様々。「たくさんありすぎて一体どれが良いの?」と悩んでしまいますよね。

そんな時はみんなから人気のある製品を選ぶのが無難!

この記事では数あるクレンジングの中でも特に人気の製品を7つ紹介しています。

BESTクレンジング.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました